クリニックブログ

クリニックブログ

2019.10.29

精神科病院とメンタルクリニックの違いとは?

精神科病院とは、20床以上の入院施設を持っている病院の事を指します。一方で、メンタルクリニックや精神科診療所とは無床または19床以下の入院施設を持つ医療機関を指しております。

憂鬱な気持ちや、不安、眠れないといった、症状や不調でお困りの方で、どちらを受診しようかと迷われた方は、まずはお近くの医療機関のご受診をお勧めいたします。

メンタルの不調は知らないうちに急速に悪化していく事もございますので、お早目の医療機関へのご相談をお勧めいたします。

ここでは、精神科病院とメンタルクリニックとの違いをご説明いたします

精神科病院について

精神科病院では少なくとも20床以上の入院施設を兼ね備えていることから、外来で症状が悪化した患者様を、精神科病院でそのまま入院対応を行うことができます。

また、自宅から離れて治療をする必要がある患者や、入院などの施設のある環境で治療を行う必要がある患者を入院にて治療を開始することができる点もメリットがございます。

軽症な症例から重症な症例まで、精神科領域の診察・治療を行うことが可能です。

一方で、精神科病院に対する昔のイメージや閉鎖的なイメージは根強く、受診することに抵抗を感じてしまったり、「なんだか敷居が高い」と感じてしまう事もあるかもしれません。

メンタルクリニックについて

メンタルクリニックでは外来の診療が中心となります。そのために、病状次第では医師の判断により入院治療が必要となった場合には、転院をしたりする必要が出てしまうなどのデメリットもあります。

一方で、平日の夕方まで診療をしていたり、土曜・日曜日に診察をしているなど、日常生活や社会生活の都合に応じて比較的に通院しやすいのが、メンタルクリニックのメリットと言えます。

昨今ではメンタルケアの重要性は職場だけではなく、社会全体として注目されているために、メンタルクリニックや心療内科への受診への抵抗感が少しづつ薄れてきている傾向もあります。

メンタルヘルスへの関心や対応により社会的に注目されてきております

また昨今は、会社の産業医による職員へのメンタルヘルスへの対応についてもより重要となってきており、会社から早急に心療内科やメンタルクリニックへの受診を勧められることも多くなりました。

まずは、我慢しすぎたり、悪化しすぎてしまう前に身近な医療機関への受診と診察が望ましいです。

メンタルクリニックの違いと精神科病院の違いを記載させていただきました。

メンタルの不調は自覚症状が強くても、なかなか周りの人に気がついてもらいにくかったり、我慢して社会生活を継続して悪化しすぎてしまったりなどしてしまう事があります。

まずは、身近な心療内科・精神科の医療機関へ受診いただき、医師の診察や判断をしていただくことをお勧めいたします。

メンタルクリニックのひだまりこころクリニックです

ひだまりこころクリニック

CATEGORY

ARCHIVE

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

たくさんの方が、同じ様な症状で来院されています。
ご紹介している症状以外でも、「こんなことで受診していいのかな...」
と迷ったらまずは一度お電話ください。

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

tel:052-441-0800

お電話でのご相談は診療時間内
電話予約は朝7時から22時まで

WEB予約(24時間受付)

診療時間

※担当医師によっては上記診療時間内であってもご予約がお受けできない場合がございます。ご予約時間についてはスタッフにお尋ねくださいませ。
何卒ご理解のほど頂きまして今後ともよろしくお願いいたします。