統合失調症ってどういう病気?

ひだまりこころクリニック

WEB予約はこちらから(24時間受付)

tel:052-441-0800タップで電話をかける

心療内科・老年心療内科・精神科ひだまりこころクリニック

統合失調症ってどういう病気?

クリニックブログ

2016.12.23

統合失調症ってどういう病気?

100人に1人という割合で発症すると言われている、決して稀な病気ではありません。

 

身近な人が最初に病気を疑うのは、現実にはあり得ないような訴えを聞いた場合や、ひどくイライラしたり、攻撃的になったりしたのを見た場合が多いようです。

もしくは、引きこもりの生活を送るようになったことをきっかけに気づく場合もあります。

 

現実離れした言動は、統合失調症の特徴的な症状とされる「幻覚」や「妄想」によるものだと考えられます。

このような健康な人にはないものが現れる症状を〈陽性症状〉と呼びます。

他にも、自分の考えが他人に分かってしまうと感じる「さとられ体験」や、自分で行動しているのも誰かに命令されているように感じる「させられ体験」なども特徴的な〈陽性症状〉です。

 

逆に、健康な人が本来持っているものがなくなる症状を〈陰性症状〉と言います。

興味・関心や意欲が低下したり、表情が乏しくなったり(感情鈍麻)、友達付き合いが減る(自閉)などがあります。

 

引用文献: 図解 やさしくわかる統合失調症

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

たくさんの方が、同じ様な症状で来院されています。
ご紹介している症状以外でも、「こんなことで受診していいのかな...」
と迷ったらまずは一度お電話ください。

ひだまりこころクリニックスタッフクリニックでお待ちしています

tel:052-441-0800

お電話でのご相談は診療時間内
電話予約は朝7時から22時まで

WEB予約(24時間受付)

ひだまりこころクリニック診療時間

休診日:祝日 / ◎の診療時間は9:00-16:30