統合失調症の症状が良くなっても服薬は大切?

ひだまりこころクリニック

WEB予約はこちらから(24時間受付)

tel:052-441-0800タップで電話をかける

心療内科・老年心療内科・精神科ひだまりこころクリニック

統合失調症の症状が良くなっても服薬は大切?

クリニックブログ

2017.01.25

統合失調症の症状が良くなっても服薬は大切?

 

 

統合失調症の治療では本人にあった抗精神病薬を見つけて、きちんと服薬をし続けることが大切です。

抗精神病薬は十分な効果が現れるようになるまでに4~6週間かかるのが普通です。それまでは焦らずに処方された薬の服薬を続けましょう。

 

また急性期においては、眠れなくなる人が多いです。睡眠時間が短いと疲れがたまって余計にイライラします。そのような時期に服薬を始めて、よく眠れるようになったら、薬の種類と量が本人にあっていると判断して良いでしょう。

周囲の音に対する敏感さやイライラ感などもだんだんなくなっていきます。

 

このような症状が改善しない場合や、副作用が強い場合は、薬の種類を変えたり、量を調節したりします。

症状が落ち着いてくると今度は徐々に薬を減らしていくことが目標になります。

服薬を続けることは想像以上に大変なことです。症状が良くなると服薬を途中で辞めてしまう人も少なくありません。それが再発のきっかけになるのは非常に多く見られます。

 

統合失調症だけでなく、どの病気にも言えることですが、服薬をしっかりと毎日続ける地道な努力がとても大切です。

 

引用文献: 図解 よくわかる統合失調症

 

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

たくさんの方が、同じ様な症状で来院されています。
ご紹介している症状以外でも、「こんなことで受診していいのかな...」
と迷ったらまずは一度お電話ください。

ひだまりこころクリニックスタッフクリニックでお待ちしています

tel:052-441-0800

お電話でのご相談は診療時間内
電話予約は朝7時から22時まで

WEB予約(24時間受付)

ひだまりこころクリニック診療時間

休診日:祝日 / ◎の診療時間は9:00-16:30