あま市,清須市,津島市,稲沢市,愛西市,蟹江町から来れるメンタルクリニック・心療内科。うつ、パニック、ADHD、不眠治療なら専門医へ。日曜も診察。

ひだまりこころクリニック

WEB予約はこちらから(24時間受付)

tel:052-441-0800タップで電話をかける

心療内科・老年心療内科・精神科ひだまりこころクリニック
クリニックブログ

クリニックブログ

2015.05.04

自己判断での服薬中止はやめましょう「統合失調症について」

統合失調症の治療について

統合失調症の治療は薬物療法と心理社会的な治療(リハビリテーションや精神療法を指します。)を組み合わせて行っていきます。

 

統合失調症の治療薬、「抗精神病薬」について

抗精神病薬には3種類あります

統合失調症に用いられる薬剤は「抗精神病薬」と呼ばれます。

抗精神病薬の作用は大きく分けて、幻覚や妄想などの陽性症状を改善する抗精神病作用、不安感や不眠などの症状を改善する鎮静催眠作用、感情鈍麻や意欲の低下などの陰性症状を改善する精神賦活作用の3種類です。  

抗精神病薬には様々な種類があり、薬剤によって上記の3種類の作用のいずれかが強い、という特徴があります。そのため、患者さんそれぞれの症状に合う薬を適切に処方するにはある程度の試行錯誤が必要となり、治療は長期間におよびます。  

 

抗精神病薬には統合失調症の再発予防効果もあります

また、抗精神病薬には再発予防効果があります。統合失調症は再発しやすい特徴があり、薬物治療で一旦症状が改善しても、その後も服薬を継続しないと数年で多くの患者さんが再発してしまいます。

しかし、統合失調症の症状が改善した後も薬物治療を継続することによってその再発率が減少することがわかっています。

 

統合失調症の症状が良くなっても、再発を起こさないように、通院や必要に応じて、お薬の継続が大切となることがあります 

そのため、服薬は長期間にわたることを理解し、自己判断で服薬を中止せずに主治医と相談することが大切です。

 

統合失調症の治療も、ひだまりこころクリニックにお任せくださいませ

甚目寺駅・須ヶ口駅・木田駅・勝幡駅・新清洲駅・大里駅・稲沢駅・国府宮駅・一宮駅・西枇杷島駅・栄生駅・名古屋駅から通いやすい心療内科・精神科・メンタルクリニックです

あま市甚目寺のメンタルクリニック   ひだまりこころクリニック

 

統合失調症の詳しい説明はこちらから

 

==統合失調症に関するその他のブログはこちら==

統合失調症は100人に1人発症すると言われています

統合失調症の原因

統合失調症には陽性症状・陰性症状があります

統合失調症の経過

トップページ

CATEGORY

ARCHIVE

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

たくさんの方が、同じ様な症状で来院されています。
ご紹介している症状以外でも、「こんなことで受診していいのかな...」
と迷ったらまずは一度お電話ください。

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

tel:052-441-0800

お電話でのご相談は診療時間内
電話予約は朝7時から22時まで

WEB予約(24時間受付)

診療時間

※担当医師によっては上記診療時間内であってもご予約がお受けできない場合がございます。ご予約時間についてはスタッフにお尋ねくださいませ。
何卒ご理解のほど頂きまして今後ともよろしくお願いいたします。