考え方の偏りを治す「認知行動療法」

ひだまりこころクリニック

WEB予約はこちらから(24時間受付)

tel:052-441-0800タップで電話をかける

心療内科・老年心療内科・精神科ひだまりこころクリニック

考え方の偏りを治す「認知行動療法」

クリニックブログ

2016.10.12

考え方の偏りを治す「認知行動療法」

「認知行動療法」とは・・・

物事に対する受け止め方を、ストレスのかかりにくい考え方に変えていくことを目的とした療法です。

回復後も続けることで再発予防にも役立ちます。

 

うつ病の患者さんは、物事を否定的にとらえやすい傾向があり、極端に自分を否定してしまいがちです。

そのような極端な考えからバランスの良い考え方に変えていくことで、ストレスを減らしていけると考えられます。

 

具体的な方法・・・

落ち込んだ出来事があったら、その落ち込んだ理由や、別の考え方はないかを検討していきます。

自分のその時の気分や思い込みが、落ち込みに大きく影響しているかもしれません。時には客観的に自分の考えを見ることで発見できることがあるでしょう。

 

これを繰り返すことで、より柔軟な考えができるようになっていきます。

 

引用文献:図解やさしくわかるうつ病の症状と治療

 

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

たくさんの方が、同じ様な症状で来院されています。
ご紹介している症状以外でも、「こんなことで受診していいのかな...」
と迷ったらまずは一度お電話ください。

ひだまりこころクリニックスタッフクリニックでお待ちしています

tel:052-441-0800

お電話でのご相談は診療時間内
電話予約は朝7時から22時まで

WEB予約(24時間受付)

ひだまりこころクリニック診療時間

休診日:祝日 / ◎の診療時間は9:00-16:30