クリニックブログ

クリニックブログ

2016.05.24

脱水には気を付けましょう

暑い日が続き、熱中症で救急搬送されたというニュースを耳にするようになってきました。

2015年に猛暑の被害で病院に搬送された方は全国で5万5000人にものぼり、うち半数が高齢者だったそうです。(消防庁)。

発生率では、屋内が58%と生活空間における熱中症対策が重要となってきます。こまめな水分補給はもちろん、服装や部屋の環境作りなどに気をつけることで、熱中症にならないようにしましょう

脱水状態になると身体の血圧低下・脳血流減少により、立ちくらみ・めまいがするといった症状がでます。

さらに脱水状態がすすんだ場合、筋肉痛、筋肉硬直(こむら返り)が起こることがあります。これらは血液の塩分濃度低下が原因となって起こります。

意識的に水分摂取に心がけ、脱水にならないように気を付けましょう。

 

土曜日午後も診療しています。

あま市 甚目寺駅から徒歩2分

ひだまりこころクリニック 

 

 

 

 

 

ひだまりこころクリニック

CATEGORY

ARCHIVE

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

たくさんの方が、同じ様な症状で来院されています。
ご紹介している症状以外でも、「こんなことで受診していいのかな...」
と迷ったらまずは一度お電話ください。

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

tel:052-441-0800

お電話でのご相談は診療時間内
電話予約は朝7時から22時まで

WEB予約(24時間受付)

診療時間

※担当医師によっては上記診療時間内であってもご予約がお受けできない場合がございます。ご予約時間についてはスタッフにお尋ねくださいませ。
何卒ご理解のほど頂きまして今後ともよろしくお願いいたします。