精神状態を平常心に保つ

ひだまりこころクリニック

WEB予約はこちらから(24時間受付)

tel:052-441-0800タップで電話をかける

心療内科・老年心療内科・精神科ひだまりこころクリニック

精神状態を平常心に保つ

クリニックブログ

2015.08.09

精神状態を平常心に保つ

過呼吸とは、なにもしないで日常で生活しているときに行われる呼吸よりも、呼吸が大きいものをいいます。

たとえば、マラソンや短距離走などで運動した場合にたくさんの呼吸を体が反射的におこなったりします。

精神的なものでも過呼吸になります。その場合は、過呼吸ではなく、過換気症候群といいます。

センター試験や就職面接などで不安や緊張などで呼吸が大きくなります。過呼吸の症状としては、呼吸困難、息苦しさ、眠気、耳鳴り、悪寒が起きたりします。運動した後で過呼吸になったとしても意識的に呼吸することで2分から3分ぐらいで過呼吸が治まります。

精神的なことで過呼吸になった場合は、精神状態を平常心にたもつことで過呼吸が治まります。

 

 

ひだまりこころクリニック

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

たくさんの方が、同じ様な症状で来院されています。
ご紹介している症状以外でも、「こんなことで受診していいのかな...」
と迷ったらまずは一度お電話ください。

ひだまりこころクリニックスタッフクリニックでお待ちしています

tel:052-441-0800

お電話でのご相談は診療時間内
電話予約は朝7時から22時まで

WEB予約(24時間受付)

ひだまりこころクリニック診療時間

休診日:祝日 / ◎の診療時間は9:00-16:30