クリニックブログ

クリニックブログ

2017.12.12

MANGA studyとは何ですか?

❖抗うつ薬の中でのレクサプロの位置づけについて教えて下さい?

 軽症から重症までのうつ病の治療薬として非常に有効の薬剤と考えています。忍容性もかなり良好である薬剤となっています。忍容性が高い薬剤は継続的に服用できる薬剤です。つまり、1日1回の服用で服用しやすさ(=継続率)にも優れていることが特徴ある薬剤となっています。副作用としては、悪心などが認められますが、それは、一般的に軽度ないし中等度で一過性です。また、薬物相互作用(他剤と飲み合わせ)も少ないため、身体疾患を有する他剤服用中の患者さんにも安全性が高く、うつ病患者さんに対して最も推奨される薬剤(第一選択薬)になっています。レクサプロは剤を客観的に評価できるMANGA studyというデータがあります。

❖MANGA studyとは何ですか?

 18歳以上の成人の単極性大うつ病に対して、治療用量範囲内で使用した12種類(ブプロピオン、シタロプラム、デュロキセチン、エスシタロプラム=レクサプロ、フルオキセチン、フルボキサミン、ミルナシプラン、パロキセチン、レボセチン、セルトラリン、ベンラファキシン)の新世代抗うつ薬の有効性と受容性について、マルチプルトリートメントメタアナリシス(メタ解析)により薬剤間の直接比較・間接比較を統合して各抗うつ薬の順位付けを行った研究報告です。最も評価の高い世界五大医学雑誌の一つであるランセットに掲載されています。

 

CATEGORY

ARCHIVE

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

たくさんの方が、同じ様な症状で来院されています。
ご紹介している症状以外でも、「こんなことで受診していいのかな...」
と迷ったらまずは一度お電話ください。

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

tel:052-441-0800

お電話でのご相談は診療時間内
電話予約は朝7時から22時まで

WEB予約(24時間受付)

診療時間

※担当医師によっては上記診療時間内であってもご予約がお受けできない場合がございます。ご予約時間についてはスタッフにお尋ねくださいませ。
何卒ご理解のほど頂きまして今後ともよろしくお願いいたします。