うつ病の急性期ってどんなとき?

ひだまりこころクリニック

WEB予約はこちらから(24時間受付)

tel:052-441-0800タップで電話をかける

心療内科・老年心療内科・精神科ひだまりこころクリニック

うつ病の急性期ってどんなとき?

クリニックブログ

2017.06.13

うつ病の急性期ってどんなとき?

うつ病の急性期とは、気分の落ち込み、不安、イライラ、不眠、食欲の低下など、うつ病のつらい症状を改善していくための期間です。

うつ病は、治療を始めてすぐに改善を目指そうとすると、焦る気持ちから不安が強くなり、逆に回復がおくれてしまうことがあります。また、回復の過程には、良くなった後で少し逆戻りすることもよく起こります。

「焦らず、じっくりと」治療に取り組んでいきましょう。

急性期の治療で大切なことは、「心の休息」と「薬の服用」です。

うつ病患者さんは、「休むことは悪いことだ」「休んでいる自分はダメな人間だ」と考えてしまいがちです。

しかし、例えば、糖尿病の患者さんが、「甘い物は好きだから」といって、甘い物を食べ続けながら糖尿病の薬を服用しても効果は期待できません。

同じように、うつ病も過度のストレスがかかった状態のままでは、治療の十分な効果は期待できません。これまで一人で抱えてきた負担をいったん軽くして、十分な心の休息をとることが大切です。

うつ病は「気のもちよう」ではなく、脳の機能不全が関係しています。

ストレスになるような出来事が重なり、周りのサポートも十分に得られない状況が続くと、ストレスを脳が処理しきれずにパンクしてしまい、脳の機能不全が起こります。

その結果、脳が決めている「ものの見方」が極端に悪い方向に向かい、自分の今の状況をより悪く感じたり、周囲のサポートは頼りにならないと考えて、悪循環が形成されてしまいます。

薬と休息には、この悪循環の中心となっている脳の機能不全を改善させる働きがあります。

お薬は、自分の判断で飲んだり飲まなかったり、はやめましょう。疑問のある時は、気にせず、主治医の先生に相談してください。

 

ひだまりこころクリニック

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

たくさんの方が、同じ様な症状で来院されています。
ご紹介している症状以外でも、「こんなことで受診していいのかな...」
と迷ったらまずは一度お電話ください。

ひだまりこころクリニックスタッフクリニックでお待ちしています

tel:052-441-0800

お電話でのご相談は診療時間内
電話予約は朝7時から22時まで

WEB予約(24時間受付)

ひだまりこころクリニック診療時間

休診日:祝日 / ◎の診療時間は9:00-16:30