クリニックブログ

クリニックブログ

2015.06.24

無理せず早めに相談することが大切です「うつ病治療で医療機関を探すポイント」

「うつ病」は誰にでもかかる可能性のある病気です

うつ病には10人に1人が生涯かかるといわれております

以前は、「心の病」とは本人の気持ち次第で症状が良くなるかのように言われていた時もありましたが、そんなに精神論的な簡単な病状ではありません。

うつ病にかかってしまうと、どんなに自己流で手を尽くしても、症状が良くなるとは限りませんし、場合によっては悪化してしまうなどの最悪の状況を招く可能性があります。

うつ病かもしれないと感じられる場合には、早めに心療内科・精神科などの医療機関に診察を受けることが大切です。

 

医療機関を探す上では、医師との相性や、通院治療が継続できるかどうかが非常に重要です

医療機関の探し方としては、かかりつけ医がいる場合は相談し、紹介してもらう方法やインターネットなどを利用して心療内科やメンタルクリニック・精神科を探す方法などがあります。

いずれにしても、医師との相性が治療に大きな影響を及ぼす可能性がありますので、信頼することが出来る医師を探すことが大切になります。

 

ひだまりこころクリニックは、複数名の常勤医師だけではなく、女性医師も複数名常勤勤務しておりますので、相性の合う先生が見つかりやすいクリニックです

 

 

うつ病の治療期間は長期にわたるために、通院が継続できるクリニックを選ぶことをお勧めいたします

うつ病の治療は長期にわたることが多いです。

治療は基本的には「内服薬を服用すること」と「休養」の2つと、更に病状に応じて「カウンセリングや心理療法」の組み合わせで治療が行われます。

 

うつ病の症状が”一番つらい時期”、”治療開始直後”の「うつの急性期」となるタイミングの通院はもちろんの事、うつ症状が落ち着いて日常生活に戻る際にも、うつ病の症状は変動・再発しやすいといわれているために、定期的に医師の診察を継続することが必要となります。

「うつ病の治療」と「生活の回復・職場への復帰」という2つの目標を目指していくために、通院による定期的な医師診察はとても重要になります。

 

ひだまりこころクリニックは、平日だけではなく、土曜日・日曜日も診療を行っております

ひだまりこころクリニックは、辛い症状に応じてすぐに受診できるだけではなく、仕事のご都合や家庭の事情に応じて受診していただけるよう、土曜日・日曜日も診療を行っております。

うつ病状の回復に伴い、休職中は平日受診だった患者様が、復職後は日曜日受診に変更されたりなど、ライフスタイルの変更があっても受診の計画が立てやすい心療内科・メンタルクリニックですので、お気軽にご相談くださいませ。

 

甚目寺駅・須ヶ口駅・木田駅・勝幡駅・新清洲駅・大里駅・稲沢駅・国府宮駅・一宮駅・西枇杷島駅・栄生駅・名古屋駅から通いやすいあま市甚目寺の心療内科・メンタルクリニック・精神科です

 

ひだまりこころクリニック

 

==うつ病に関するその他のブログはこちらから==

 

うつ病の発症原因とは「気づかないうちにストレスと感じていることも」

うつ病は身近な病気です「どうしてうつ病を抱えやすくなったのか」

うつ病は気持ちの問題ではありません「つらい時こそ頼れる心療内科」

気になる症状がある時は「うつ病かもとお悩みの方へ」

辛い悩みを相談してみませんか?”うつ病について”

うつ病の初期症状を見逃さないようにしましょう

うつ病の症状「疲れているのに休めない貴方へ」

うつ病の特徴「うつ病にかかりやすい人たちの傾向」

うつ病の人に接する際に”心がけること”「焦る気持ちは禁物です」

早期治療が効果的です「うつ病の症状が軽くなるとどうなるの?」

環境の変化や仕事のストレスに要注意「うつ病になりやすい人の傾向」

 

うつ病の詳しい説明についてはこちらから

トップページ

CATEGORY

ARCHIVE

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

たくさんの方が、同じ様な症状で来院されています。
ご紹介している症状以外でも、「こんなことで受診していいのかな...」
と迷ったらまずは一度お電話ください。

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

tel:052-441-0800

お電話でのご相談は診療時間内
電話予約は朝7時から22時まで

WEB予約(24時間受付)

診療時間

※担当医師によっては上記診療時間内であってもご予約がお受けできない場合がございます。ご予約時間についてはスタッフにお尋ねくださいませ。
何卒ご理解のほど頂きまして今後ともよろしくお願いいたします。