アルコール依存症の治療には、周囲の協力が不可欠です

ひだまりこころクリニック

WEB予約はこちらから(24時間受付)

tel:052-441-0800タップで電話をかける

心療内科・老年心療内科・精神科ひだまりこころクリニック

アルコール依存症の治療には、周囲の協力が不可欠です

クリニックブログ

2015.09.26

アルコール依存症の治療には、周囲の協力が不可欠です

アルコール依存症とは依存症の一種で、アルコールを多く摂取する事で発症します。アルコールを多く摂取すると脳の中で、アルコールに対する欲求が強まっていきます。その欲求に従ってアルコールの摂取を続ける事で、その欲求が更に強くなりアルコール無しではいられなくなってしまうのです。

 

アルコール依存症の症状としては、お酒に対する尋常ならざる執着がよく知られています。お酒を購入するために借金を繰り返したり、飲酒を妨害する人を攻撃したりするようになります。それ以外にも肝炎や肝硬変、胃炎や膵炎等の合併症が発生する可能性も出てきます。

 

アルコール依存症の治療方法としては、現在のところお酒を断つのが一般的な方法となっています。ただアルコール依存症は基本的に完治させるのが難しく、少しでもお酒を口にすると依存状態に戻ってしまいます。治療には本人の強い意志や、周囲の協力等が必要不可欠だと言えます。

 

土曜日午後も診療しています

あま市甚目寺  ひだまりこころクリニック

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

たくさんの方が、同じ様な症状で来院されています。
ご紹介している症状以外でも、「こんなことで受診していいのかな...」
と迷ったらまずは一度お電話ください。

ひだまりこころクリニックスタッフクリニックでお待ちしています

tel:052-441-0800

お電話でのご相談は診療時間内
電話予約は朝7時から22時まで

WEB予約(24時間受付)

ひだまりこころクリニック診療時間

休診日:祝日 / ◎の診療時間は9:00-16:30