クリニックブログ

クリニックブログ

2015.07.04

認知症症状に初めは戸惑うこともあるかもしれません「介助者の心のケアも重要です」

認知症患者は増加してきております

高齢化社会がいよいよ深刻になりつつある日本ですが、人口における高齢者の占める割合が大きくなるにつれて認知症患者の数もどんどん増えてきています。

認知症で多いのがアルツハイマー型認知症です

それにともない家族の中にアルツハイマー型認知症患者がいて介護をしている人も多いのではないでしょうか。

アルツハイマー型認知症の症状は、記憶障害や判断能力の低下などです。最初は、ちょっとした物忘れから始まり、徐々に進行すると幻覚や妄想の症状が出始めます。家の外に出て徘徊するようになったり、攻撃的な感情になって家族に対して怒りをぶつけてくることもあります。

 

認知症状にはじめは戸惑うこともあるかもしれません

最初はその認知症状に周囲の人たちも戸惑うかもしれませんが、症状としての認知症面と、時折見せるご本人の気持ちの部分が、少しづつ変わる変わる見え隠れしていることを把握できることで、少しずつコツをつかむことができるかもしれません。

特に、身体的なケアと精神的なケアの面では、家族の関わる影響が異なる場合がございます。精神的なケアは家族などの周囲に任されることは多いかもしれません。身体的なケアを、周囲の支援と上手に工夫することも、認知症ケアには大切かもしれません

 

介助者の心のケアも大切です

アルツハイマー型認知症患者に接するときは、感情的になって怒ったりするのはあまり良くないといわれております。そのことによって認知症の方は”なぜ怒られているのか状況を把握できにくいために混乱を招き”、さらに認知症症状を悪化させてしまう懸念もあります。

何事も否定から入らずに、まずは認知症状としての行動や言動であるという点を受け止めるということも大切です

ですが、いくら認知症の症状と言えども、介助者にとってはとてもつらい思いをされる場合も多く、親族間や家族関係でぎくしゃくされてしまう方も多いのも事実です。

認知症のケアには、ご本人だけではなく、介助者の心のケアもとても重要になります。

 

 

甚目寺駅・須ヶ口駅・木田駅・勝幡駅・津島駅・新清洲駅・大里駅・稲沢駅・国府宮駅・一宮駅・西春駅・西枇杷島駅・栄生駅・名古屋駅・金山駅からもアクセス便利な心療内科・精神科・メンタルクリニックです

ひだまりこころクリニック

 

==アルツハイマー型認知症に関するその他のブログはこちらから==

アルツハイマー型認知症「治療のタイミングを損なわないために早期発見が重要です」

アルツハイマー型認知症の予防「予防するための生活とは」

アルツハイマー型認知症「介助者との関係とは」

アルツハイマー型認知症は段階的に進行します「認知症の早期診断に役立つ心理検査も実施しております」

生活習慣の見直しも有効です「認知症の予防なら」

急に性格が変わったかな?と感じたら「認知症の初期症状かもしれません」

アルツハイマー型認知症の進行「ゆっくりと進む認知症状について」

アルツハイマー型認知症は早期発見が重要です「認知症の進行を遅らせるために」

認知症の60%がアルツハイマー型認知症と言われています

 

認知症についての詳しい説明はこちらから

トップページ

CATEGORY

ARCHIVE

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

たくさんの方が、同じ様な症状で来院されています。
ご紹介している症状以外でも、「こんなことで受診していいのかな...」
と迷ったらまずは一度お電話ください。

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

tel:052-441-0800

お電話でのご相談は診療時間内
電話予約は朝7時から22時まで

WEB予約(24時間受付)

診療時間

※担当医師によっては上記診療時間内であってもご予約がお受けできない場合がございます。ご予約時間についてはスタッフにお尋ねくださいませ。
何卒ご理解のほど頂きまして今後ともよろしくお願いいたします。