頭を使って生活すること

ひだまりこころクリニック

WEB予約はこちらから(24時間受付)

tel:052-441-0800タップで電話をかける

心療内科・老年心療内科・精神科ひだまりこころクリニック

頭を使って生活すること

クリニックブログ

2015.06.26

頭を使って生活すること

アルツハイマー型認知症とは、記憶力や思考力がゆっくりと低下し日常生活の基本的動作すら困難になる病気のことです。

一般的には加齢に伴って症状が現れることが多いのですが、最近では若いうちから症状が出てくる若年性アルツハイマーにかかる患者も増えています。

アルツハイマー型認知症にならないために、またなってしまった場合にはどうすれば進行を遅らせることができるかを見ていきたいと思います。

まずは頭を使って生活することです。

学校や仕事に行っているうちはいいのですが、定年退職を迎えて、家でテレビなどを見て過ごすことが多くなった方は要注意です。

受動的に頭を動かすのではなく、簡単な計算や絵を描いたりなど能動的に頭を動かしていくことが重要になります。

認知症の予防には日頃からの食生活の改善や肥満防止を心がけることです。

生活習慣病の原因とアルツハイマー型認知症の原因は似ている部分が多いので、生活習慣や食生活を見直すことで、対策できます。

また肥満にならないようにすることにより、普段からの運動への意欲がわいてくるので、外に出る機会が多くなり精神的に気分転換になります。

また認知症患者には肉好き、野菜嫌いが多いと言われています。

これも日頃の生活習慣にかかわることですが、心当たりのある方は意識して菜食中心の生活を心がけましょう。

 

甚目寺駅・須ヶ口駅・木田駅・勝幡駅・津島駅・新清洲駅・大里駅・稲沢駅・国府宮駅・一宮駅・西春駅・西枇杷島駅・栄生駅・名古屋駅・金山駅からもアクセス便利です

ひだまりこころクリニック

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

たくさんの方が、同じ様な症状で来院されています。
ご紹介している症状以外でも、「こんなことで受診していいのかな...」
と迷ったらまずは一度お電話ください。

ひだまりこころクリニックスタッフクリニックでお待ちしています

tel:052-441-0800

お電話でのご相談は診療時間内
電話予約は朝7時から22時まで

WEB予約(24時間受付)

ひだまりこころクリニック診療時間

休診日:祝日 / ◎の診療時間は9:00-16:30