クリニックブログ

クリニックブログ

2019.12.04

インフルエンザの疑いがある場合には、医療機関へ

インフルエンザと風邪との違いとは

日本人にとって馴染みのある疾病と言えば風邪が挙げられます。しかし、風邪の症状の原因は必ずしも一様ではありません。大抵は弱いウイルスであるため、自己判断による解熱剤を使用していても問題なく症状が改善していくでしょう。

インフルエンザは重症化しやすい

インフルエンザウイルスによって発症するインフルエンザは、急激な症状変化や合併症を引き起こし、後遺症を呈してしまう可能性がある感染症であるために注意が必要で、懸念がある場合には自己診断をしないで医師の診断を仰ぐことが大切です。

従来は冬季に流行する香港A型とソ連A型、B型インフルエンザの3種類の季節性インフルエンザが日本で流行する主流でした。しかし、近年に発症報告が増加している新型インフルエンザは、夏季でも流行するため注意が必要です。

インフルエンザウイルスの体内の生存期間は数日と言われております

インフルエンザウイルスはウイルスのために、人の体内での生存期間があります。つまりはインフルエンザを発症しても、しばらくはインフルエンザのウイルスが体内にとどまっているために、周囲への感染力も強く、周囲の人たちへ次々と感染してしまう事を防ぐためにも勤務や学校をお休みする期間がある程度必要なのです。

インフルエンザの治療薬には抗インフルエンザウイルス薬

抗インフルエンザウイルス薬は、効果の多くは人の体内での、インフルエンザウイルスの増殖を抑えるために、インフルエンザによる発熱期間や有症状期間さらには、症状の重篤化を減らす効果があります。インフルエンザの増殖の活発な時期に内服することが望ましいので、インフルエンザと判断され、発熱後あまり時間を置かずに治療を開始することが必要であると言われております。

インフルエンザは冬などの季節性の流行が多いです

冬には、インフルエンザ以外の風邪や胃腸炎も蔓延しやすく、また冬の時期にはクリスマスやお正月など、外出したり人ごみの中で過ごすことも何かと多い時期でもあります。このような時期にインフルエンザで辛い思いをしてしまわないためにも、更には受験性や妊婦、小児や高齢者などインフルエンザで重篤化するリスクの影響が高い方への感染や蔓延を避けるためにも、インフルエンザワクチンの接種にも効果があります。

心療内科ひだまりこころクリニック

ひだまりこころクリニックは甚目寺駅・七宝駅・木田駅・勝幡駅・津島駅・須ヶ口駅・新清洲駅・国府宮駅・西春駅・栄生駅・名古屋駅からもアクセス便利な心療内科、メンタルクリニックで、インフルエンザワクチンの予約も現在受付中です

ひだまりこころクリニック

CATEGORY

ARCHIVE

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

たくさんの方が、同じ様な症状で来院されています。
ご紹介している症状以外でも、「こんなことで受診していいのかな...」
と迷ったらまずは一度お電話ください。

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

tel:052-441-0800

お電話でのご相談は診療時間内
電話予約は朝7時から22時まで

WEB予約(24時間受付)

診療時間

※担当医師によっては上記診療時間内であってもご予約がお受けできない場合がございます。ご予約時間についてはスタッフにお尋ねくださいませ。
何卒ご理解のほど頂きまして今後ともよろしくお願いいたします。