クリニックブログ

クリニックブログ

2016.05.20

デプロメールとは?その2

デプロメールについて、昨日も書きましたが、本日は2つ目の特徴から。

2つ目の大きな特徴としては「細かい用量設定ができる」ということです。

 例えば、ジェイゾロフトは最大100mg使用可能です。一方 デプロメールは300mgです。どちらも、6.25mg刻みの増減がてきるので、ジェイゾロフト の場合は、16段階の調節ができます。一方、デプロメールは48段階となりますのでより細 かい範囲での調節が出来ることになります。細かい設定ができることは、よりきめ細かい治療が可能ということになります。

 デプロメールの作用機序については、神経と神経の間である神経間隙のセロトニンの濃度 を増やすことで抗うつ効果を発揮します。 SSRIによってセロトニンはいつまでも吸収されず、神経間隙にのこり、セロトニンの濃 度が上昇する仕組みです。 デプロメールの副作用 デプロメールの特徴的な副作用については、 ・吐き気(セロトニン3刺激作用) ・不眠(セロトニン2刺激作用) ・性機能障害(セロトニン2A刺激 作用) です。 その他については、三環系、四環系の抗うつ剤と比較すると、少ないですが、新しいSSRI と比べるとやや多くなるかも知れません。 ・眠気(抗ヒスタミン作用) ・体重増加(抗ヒスタミン作用) ・便秘・枯渇(抗コリン作用) ・ふらつき・めまい(α1受容体遮 断作用) デプロメールの副作用対策  デプロメールの副作用で多いものに吐き気があります。デプロメールを服薬すると、消化 管に存在するセロトニン3受容体を刺激することで生じると言われます。

明日は吐き気の対策についてです

ひだまりこころクリニック

CATEGORY

ARCHIVE

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

たくさんの方が、同じ様な症状で来院されています。
ご紹介している症状以外でも、「こんなことで受診していいのかな...」
と迷ったらまずは一度お電話ください。

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

tel:052-441-0800

お電話でのご相談は診療時間内
電話予約は朝7時から22時まで

WEB予約(24時間受付)

診療時間

※担当医師によっては上記診療時間内であってもご予約がお受けできない場合がございます。ご予約時間についてはスタッフにお尋ねくださいませ。
何卒ご理解のほど頂きまして今後ともよろしくお願いいたします。