睡眠時に呼吸が止まっている!?

ひだまりこころクリニック

WEB予約はこちらから(24時間受付)

tel:052-441-0800タップで電話をかける

心療内科・老年心療内科・精神科ひだまりこころクリニック

睡眠時に呼吸が止まっている!?

クリニックブログ

2017.07.06

睡眠時に呼吸が止まっている!?

引き続き、不眠症以外の睡眠障害についてご紹介します。
・睡眠時無呼吸症候群(SAS)
この疾患はご存知の方も多いのではないでしょうか。夜間睡眠中に反復して呼吸停止や呼吸低下の起きる疾患で、起床時に爽快感が乏しく、日中の強い眠気や全身倦怠感が毎日のように起こり、社会生活が妨げられることになります。特に中年の肥満男性に多く、年齢が進むにつれて増加することがわかっています。睡眠中、リラックスした状態になると上気道が周囲の筋緊張の低下とともに狭くなるため、無呼吸が生じるとされています。呼吸が止まってしまうと、体は何度も覚醒して呼吸を再開させようとします。つまり夜中に何度も体が起きている状態になっているのです。

・ナルコレプシー
発症年齢は14~16歳がピークで、男女差はなく、40歳以後の発症は稀なので、若い方の疾患といえるでしょう。 世界の有病率の平均は2,000人に1人(0.05%)、日本人の有病率は0.16%(600人に1人)で世界の中で最も高いとされています。もしかしたら名前を聞いたことがある方もいるでしょう。
ナルコレプシーは、 耐え難い眠気あるいは居眠り発作が反復する状態が3ヵ月以上続き、強い情動的な刺激が加わった際に、がくんと力が抜ける「情動脱力発作」が出現したり、眠りから目覚め、あるいは目覚めから眠りの変わり目にレム睡眠が先行して繰り返し出現するのが特徴といわれています。いわゆる突然居眠りしてしまう病気です。いきなり眠ってしまうので、危険なので車の運転などは禁止されています。

こういった症状がある場合は一度ご相談ください。

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

たくさんの方が、同じ様な症状で来院されています。
ご紹介している症状以外でも、「こんなことで受診していいのかな...」
と迷ったらまずは一度お電話ください。

ひだまりこころクリニックスタッフクリニックでお待ちしています

tel:052-441-0800

お電話でのご相談は診療時間内
電話予約は朝7時から22時まで

WEB予約(24時間受付)

ひだまりこころクリニック診療時間

休診日:祝日 / ◎の診療時間は9:00-16:30