不眠症の症状は様々です

ひだまりこころクリニック

WEB予約はこちらから(24時間受付)

tel:052-441-0800タップで電話をかける

心療内科・老年心療内科・精神科ひだまりこころクリニック

不眠症の症状は様々です

クリニックブログ

2015.07.15

不眠症の症状は様々です

不眠症で悩んでいる人は多く、その症状は人によって様々です。

入眠困難、中途覚醒、早朝覚醒、熟睡障害などがあります。

入眠困難は、布団に入ってもなかなか寝付けないという症状です。中途覚醒は、夜中に何度も目が覚めてしまう症状です。早朝覚醒は、朝早く自然と目が覚めてしまう症状です。熟睡障害は、眠りが浅く熟睡できずに、朝目覚めても疲れが残っているように感じてしまう症状です。

不眠症が起こる原因はさまざまで、カフェインやアルコールの摂取によるもの、ストレスなどの精神的な問題によるもの、睡眠の環境によるもの、加齢による頻尿などがあります。

不眠症を改善させるために最も重要なのが、交感神経の興奮を抑制することです。リラックスさせることが大切なのです。主な方法としては、カフェインの摂取をひかえることと睡眠に対しての意識を高めることです。

カフェインは、栄養ドリンクやコーヒーやお茶など様々なものに含まれています。なんでもそうですが、飲みすぎに注意しながら、素敵なティータイムをお過ごしください。

 

 

土曜午後も診療しています。漢方も得意な精神科専門医。

ひだまりこころクリニック

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

たくさんの方が、同じ様な症状で来院されています。
ご紹介している症状以外でも、「こんなことで受診していいのかな...」
と迷ったらまずは一度お電話ください。

ひだまりこころクリニックスタッフクリニックでお待ちしています

tel:052-441-0800

お電話でのご相談は診療時間内
電話予約は朝7時から22時まで

WEB予約(24時間受付)

ひだまりこころクリニック診療時間

休診日:祝日 / ◎の診療時間は9:00-16:30