国府宮とは

ひだまりこころクリニック

WEB予約はこちらから(24時間受付)

tel:052-441-0800タップで電話をかける

心療内科・老年心療内科・精神科ひだまりこころクリニック

国府宮とは

クリニックブログ

2015.06.05

国府宮とは

国府宮とは、愛知県稲沢市にある尾張大國霊神社を指します。
国府宮では「はだか祭」が旧暦の正月13日(現在の2月20日)に行なわれます。その起源と辿ると、奈良時代の神護景雲元年(767年)に、称徳天皇が悪疫退散を祈祷するように全国に命令したことが始まりで、尾張総社である国府宮で行なわれたものが現在も継承されている、伝統のある儀式であり、神事です。
旧暦の正月13日に、厄年を迎える25歳と42歳の男達が中心となり、裸にふんどしと白足袋だけを身にまとい、「なおい笹」を捧げて拝殿に向かいます。そして、あらかじめ選ばれた1人の神男を巡って、激しい掴み合いを繰り広げます。これは、神男に触れることで厄払いができるという信仰があるためです。
はだか祭には、尾張の各地区から大鏡餅が奉納されます。この鏡餅の大きさは約4トンあり、クレーン車などで運ばれます。この餅を食べると無病息災の伝えがあり、祭り本番の翌日に参拝者に頒布されます。

 

あま市(甚目寺、七宝、美和)、大治町、 清須市、稲沢市は車で10分圏内。
津島市、北名古屋市、蟹江町、名古屋市からもアクセスが便利です。

ひだまりこころクリニック

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

たくさんの方が、同じ様な症状で来院されています。
ご紹介している症状以外でも、「こんなことで受診していいのかな...」
と迷ったらまずは一度お電話ください。

ひだまりこころクリニックスタッフクリニックでお待ちしています

tel:052-441-0800

お電話でのご相談は診療時間内
電話予約は朝7時から22時まで

WEB予約(24時間受付)

ひだまりこころクリニック診療時間

休診日:祝日 / ◎の診療時間は9:00-16:30