女性ホルモンと精神面の関係とは?

ひだまりこころクリニック

WEB予約はこちらから(24時間受付)

tel:052-441-0800タップで電話をかける

心療内科・老年心療内科・精神科ひだまりこころクリニック

女性ホルモンと精神面の関係とは?

クリニックブログ

2017.03.25

女性ホルモンと精神面の関係とは?

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンがあります。

エストロゲンには海馬におけるアセチルコリン調整作用・抗ドーパミン作用に加えて、セロトニン神経系の働きを修飾するといった働きがあります。セロトニンはうつ病においても治療対象となり、不安や焦燥感を抑える働きがあります。このエストロゲン量が変化することによってセロトニン伝達機能障害を起こすため、女性にはうつ病が多いと考えられています。

またもう一つのプロゲステロンは、抗不安作用をもたらすGABA受容体に働くのですが、このプロゲステロンの量が変化することで不安発作のが起こりやすい状況になります。

そのため女性に不安障害が多いと言われております。このように女性ホルモンは精神状態に大きな影響を与え、またこの女性ホルモン量は刻々と変化しているため、女性は気分障害が起こりやすい状況にさらされているといえます。

 

では、女性に特有なうつ病はどんなものがあるのでしょう?

おおむね毎月月経があるものですが、その月経前に不快な心身症状が起きる月経前症候群(PMS)や月経前不快気分障害(PMDD)、妊娠中のうつ病、出産後に起きる産後うつ病(産褥後うつ病)や更年期うつ病があります。

これらは、いずれも性ホルモンが大きく変動するために起きると言われています。

 次のブログで、PMSやPMDDなどについて、書いてみましょう。

 

ひだまりこころクリニック

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

たくさんの方が、同じ様な症状で来院されています。
ご紹介している症状以外でも、「こんなことで受診していいのかな...」
と迷ったらまずは一度お電話ください。

ひだまりこころクリニックスタッフクリニックでお待ちしています

tel:052-441-0800

お電話でのご相談は診療時間内
電話予約は朝7時から22時まで

WEB予約(24時間受付)

ひだまりこころクリニック診療時間

休診日:祝日 / ◎の診療時間は9:00-16:30