クリニックブログ

クリニックブログ

2019.10.25

家族と一緒にできるうつ病の予防策について

うつ病の予防方法とは、ご家族の協力も非常に重要です

うつ病は治療を行うことにより、うつ症状の改善や日常生活の回復、及び、社会生活への復帰が進んでくるなどといった生活の変化が回復してきます。このような時期だからこそ、今後はうつ病の再発予防が非常に重要になります。

うつ病での治療薬は特に、症状を回復させるだけではなく、良い状態を維持する役割があります

うつ症状が改善すると、社会生活などが忙しくなってしまい、通院や治療を途中でやめてしまう方も見えますが、うつ病の再発率は非常に高いために社会活動の回復後半年から1年は服薬を継続したり治療を継続することが望ましいとされております。

うつ病の症状が改善した時には、ご家族の方達からも通院や医師の診察の継続が重要であることなどの理解も非常に大切です

また、うつ病の患者様は、できることが増えてくることにより、今まで出来なかったことを取り戻そうと頑張りすぎてしまったり、周りの期待に応えようと無理しすぎてしまったりしてしまう事も多いのです。このような状況がうつ病で治りかけのタイミングで継続してしまうと、うつ病を再度再発しやすい状況を誘発してしまったり、体調を崩しているにも関わらずご自身は気がついていなかったりなど、家族を含めた周囲の方達の配慮や見守りサポートも特に重要になることが多いのです。

「無理しすぎないでね。」この一言だけでも、うつ病のご本人さんも自分の体調に耳を傾けるきっかけにもなるのです。

うつ病の治療での家族の役割

うつ病にかかってしまうと、ある報告には半数の人が再発をするといった報告もあります。再発を繰り返すほどその確率は更に上昇をしてしまうのです。そのために、うつ病はできるだけしっかりと治療を行い、再発をしないような生活や環境づくりも大切になります。

つらい時や嫌なことがあったり、ストレスを抱えてしまった時に、そばですぐに相談できる相手の存在はとても大きく、ひとたび家族や職場の同僚・上司などがその役割を担うこともあるかもしれません。一人で抱え込まず、誰かに相談できるといった状況を患者さんが持っているという点でも、再発予防には非常に重要な役割となります。

当院では更にカウンセリングや心理療法などを用いて、うつ病を引き起こしやすい、ものの考え方や癖などを見直したりする治療も取り組んでおります。

うつ病の為に、否定的に考えすぎてしまう癖がついてしまったり、対人関係で大きく不安や恐怖が強くなってしまったりなどの癖に関しても一例ではありますが、取り組んでおります。うつ病の再発予防としても効果的ですので、是非お気軽にご相談くださいませ。

うつ病の詳しい説明はこちらから

ひだまりこころクリニック

CATEGORY

ARCHIVE

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

たくさんの方が、同じ様な症状で来院されています。
ご紹介している症状以外でも、「こんなことで受診していいのかな...」
と迷ったらまずは一度お電話ください。

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

tel:052-441-0800

お電話でのご相談は診療時間内
電話予約は朝7時から22時まで

WEB予約(24時間受付)

診療時間

※担当医師によっては上記診療時間内であってもご予約がお受けできない場合がございます。ご予約時間についてはスタッフにお尋ねくださいませ。
何卒ご理解のほど頂きまして今後ともよろしくお願いいたします。