強迫性障害のタイプ分け②

ひだまりこころクリニック

WEB予約はこちらから(24時間受付)

tel:052-441-0800タップで電話をかける

心療内科・老年心療内科・精神科ひだまりこころクリニック

強迫性障害のタイプ分け②

クリニックブログ

2016.11.17

強迫性障害のタイプ分け②

 

昨日に引き続き、強迫性障害のタイプをご紹介します。

 

③縁起強迫

何かの行いの瞬間、頭に縁起の悪いことがよぎり、自分や家族に災いが起こるかもしれないと恐れ(強迫観念)、その考えが消えるまでその行いをやり直したり、回数にこだわるなどの行いで安心を得ようとします(強迫行為)。

 

④強迫性緩慢

食事、会話、洗面など日常生活のあらゆる行動をしっくりいく感覚で、完璧に行っていないのではないかと考え(強迫観念)、過去の行動太未来の趣味レーションをし続けることを、じっと止まったまま頭の中で行います(強迫行動)。

 

⑤収集癖

新聞や雑誌などを収集して捨てようとしても、後で必要になって捨てたことを後悔するのではないかと恐れ(強迫観念)、どんどん溜め込んでしまうものです(強迫行動)。

 

明日も引き続き、強迫性障害のタイプ分けをご紹介しようと思います。

 

引用文献:図解やさしくわかる強迫性障害

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

たくさんの方が、同じ様な症状で来院されています。
ご紹介している症状以外でも、「こんなことで受診していいのかな...」
と迷ったらまずは一度お電話ください。

ひだまりこころクリニックスタッフクリニックでお待ちしています

tel:052-441-0800

お電話でのご相談は診療時間内
電話予約は朝7時から22時まで

WEB予約(24時間受付)

ひだまりこころクリニック診療時間

休診日:祝日 / ◎の診療時間は9:00-16:30