強迫性障害のタイプ分け③

ひだまりこころクリニック

WEB予約はこちらから(24時間受付)

tel:052-441-0800タップで電話をかける

心療内科・老年心療内科・精神科ひだまりこころクリニック

強迫性障害のタイプ分け③

クリニックブログ

2016.11.18

強迫性障害のタイプ分け③

 

昨日から引き続き、強迫性障害のタイプ分けについてご紹介します。

 

⑥不完全恐怖

数や位置が全て揃っていないとイヤな感じ(強迫観念)がして、並べ直す(強迫行為)、書き間違いなどが気になって(強迫観念)何度も書き直すなどしてスッキリ感を求め、追求し続けます(強迫行為)。

 

⑦不道徳恐怖・懺悔強迫

電流などの特定の危険なものを触ってしまいたい衝動や盗みをしたい衝動など、悪いことの限界を楽しんだり、相手が嫌がることを言ったり、相手が起こるような悪いことをしたのではないか(強迫観念)が気になり、その後懺悔することを繰り返します(強迫行為)。

 

 

3日間に渡って、強迫性障害の主なタイプをご紹介しました。

 

もちろんご紹介したタイプ以外にもたくさんの種類があります。

 

引用文献:図解やさしくわかる強迫性障害

 

 

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

たくさんの方が、同じ様な症状で来院されています。
ご紹介している症状以外でも、「こんなことで受診していいのかな...」
と迷ったらまずは一度お電話ください。

ひだまりこころクリニックスタッフクリニックでお待ちしています

tel:052-441-0800

お電話でのご相談は診療時間内
電話予約は朝7時から22時まで

WEB予約(24時間受付)

ひだまりこころクリニック診療時間

休診日:祝日 / ◎の診療時間は9:00-16:30