クリニックブログ

クリニックブログ

2016.12.25

幻覚とはどんな症状?

幻覚とは、「ないものがあるように感じること」です。

 

統合失調症では特に、「幻聴」が多く見られ、ほかの人には聞こえない声が聞こえてきます。

ほかにも、身体に何か埋まっているように感じたりする「体感幻覚」や変なにおいがする「幻臭」、食べ物の味がおかしくなる「幻味」などが見られます。

 

幻聴においては、“正体不明の声”と呼ばれる人間の声が聞こえ、その多くは統合失調症の人を罵ったり、過去を咎めたり、命令したりします。

本人にはつらく嫌な内容のため、何が聞こえるのか言いたがらないこともありますが、無理に聞き出す必要はありません。

 

また、幻聴が聞こえているときは実際に脳の聴覚野に血流が増えるということが明らかになっています。

つまり、統合失調症の人は実際の声と同じように幻聴を体験しているのです。

 

「そんな声が聞こえるはずがない」などと否定せず、聞こえていることを認めて「それはつらいね」と受け止めることが大切です。

 

引用文献: 図解 やさしくわかる統合失調症

CATEGORY

ARCHIVE

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

たくさんの方が、同じ様な症状で来院されています。
ご紹介している症状以外でも、「こんなことで受診していいのかな...」
と迷ったらまずは一度お電話ください。

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

tel:052-441-0800

お電話でのご相談は診療時間内
電話予約は朝7時から22時まで

WEB予約(24時間受付)

診療時間

※担当医師によっては上記診療時間内であってもご予約がお受けできない場合がございます。ご予約時間についてはスタッフにお尋ねくださいませ。
何卒ご理解のほど頂きまして今後ともよろしくお願いいたします。