物事のとらえ方を調整することの大切さとは?

ひだまりこころクリニック

WEB予約はこちらから(24時間受付)

tel:052-441-0800タップで電話をかける

心療内科・老年心療内科・精神科ひだまりこころクリニック

物事のとらえ方を調整することの大切さとは?

クリニックブログ

2017.08.09

物事のとらえ方を調整することの大切さとは?

物事のとらえ方を調整する

うつ病の再発予防のためには、うつ病を招きやすくしている思考パターンを少しずつ変えていくことも重要です。人はある状況に遭遇したときにその状況をどうとらえるかによって、感情や行動に変化が生じます。例えば、職場でいろいろな仕事を抱え、仕事がたまっているときに、「とても自分にはできない・・」と考えてしまうと、焦ってイライラする、不安になるという感情が起こり、それによって仕事が手につかないという行動の変化が生じます。また、そのような不安感によって胸がモヤモヤするなどの体の症状が現れて来ます。ところが逆に、たまった仕事を見た瞬間、自分のやれる範囲で頑張って、できないところは誰かに助けてもらおうと考えれば、感情や行動の反応は全く違ってきます。このように、物事のとらえ方は、日常生活を送るうえでの心や体にかかるストレスに影響を及ぼします。しかし、物事のとらえ方というのは、その人の中に長い間染みついてしまった癖のようなもので、一人で変えていくのはなかなか大変な作業です。そこで、抗うつ薬での治療に加え、認知行動療法という治療法により、うつ病を招きやすくしている物事のとらえ方を修正していく治療を行います。認知行動療法では医師との面接を1回30分以上、16~20回行います。医師は患者さんに質問したり話を聞いたり、面接で話し合ったことを、患者さんの宿題として実生活で実践してもらい、その結果を次の面接で振り返る、などの課題を行います。このような過程を経て、患者さんの考え方の癖や物事のとらえ方が極端になっていることに患者さん自身が気づき、ご自身で修正することが出来るように手助けします。病院に通院しながらうつ病の治療を続けることの意義は、このような、一人では困難な治療を担当の医師の協力を得ながら一緒に進めていけることです。

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

たくさんの方が、同じ様な症状で来院されています。
ご紹介している症状以外でも、「こんなことで受診していいのかな...」
と迷ったらまずは一度お電話ください。

ひだまりこころクリニックスタッフクリニックでお待ちしています

tel:052-441-0800

お電話でのご相談は診療時間内
電話予約は朝7時から22時まで

WEB予約(24時間受付)

ひだまりこころクリニック診療時間

休診日:祝日 / ◎の診療時間は9:00-16:30