甚目寺観音

ひだまりこころクリニック

WEB予約はこちらから(24時間受付)

tel:052-441-0800タップで電話をかける

心療内科・老年心療内科・精神科ひだまりこころクリニック

甚目寺観音

クリニックブログ

2015.06.01

甚目寺観音

「甚目寺観音」で有名な甚目寺(じもくじ)は、愛知県あま市にある真言宗智山派の寺院です。甚目寺観音の由来については、甚目という名の漁師が漁をしている時に、観音様が網にかかり、「これはもったいないことだ」とお社を建て、祀ったことが甚目寺観音の由来となります。事実、一遍上人絵伝によれば、「この寺は推古天皇の頃、漁師の龍麻呂なる者が、網で海中より得るたる紫麿黄金像を感得して、祀ったのが始まりなり」と、伝え記されています。


そもそも甚目寺は、日本に仏教が伝来した西暦538年より、わずか60年後の西暦597年に建立された寺院です。法隆寺や四天王寺に次いで、我が国有数の古刹となります。甚目寺は、天智天皇が病気になった時、祈祷したところ、快癒したということから、勅願寺となりました。さらに、16世紀末には豊臣秀吉から寺領160石を受けるなど、以後も歴代藩主の手厚い保護と篤い信仰を得て、尾張四観音寺の筆頭として栄えてきた寺院です。

 

あま市甚目寺の心療内科クリニック

ひだまりこころクリニック

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

たくさんの方が、同じ様な症状で来院されています。
ご紹介している症状以外でも、「こんなことで受診していいのかな...」
と迷ったらまずは一度お電話ください。

ひだまりこころクリニックスタッフクリニックでお待ちしています

tel:052-441-0800

お電話でのご相談は診療時間内
電話予約は朝7時から22時まで

WEB予約(24時間受付)

ひだまりこころクリニック診療時間

休診日:祝日 / ◎の診療時間は9:00-16:30