社会不安障害(SAD)ってどんなもの?

ひだまりこころクリニック

WEB予約はこちらから(24時間受付)

tel:052-441-0800タップで電話をかける

心療内科・老年心療内科・精神科ひだまりこころクリニック

社会不安障害(SAD)ってどんなもの?

クリニックブログ

2017.07.09

社会不安障害(SAD)ってどんなもの?

・社会不安障害の症状とはどのようなものですか?
  →社会不安障害は、社会的な場面や状況に身を置いたときに強い不安や恐怖を感じるのが特徴です。例えば人前で「変なことをしてしまった!」と感じて不安が増したときに、人目があることに関して強い不安や恐怖を更に感じます。

   そして発汗や震え、動悸や赤面といった身  体症状も様々でてきます。この自分自身が不安になって何かしらの反応が起きている(顔が真っ赤になるなど)事を周囲の人に気が付かれているのではないかと感じることも、更に強い不安や恐怖が生じます。

   ただ、人によって苦手な状況や行動は違うので、多くのパターンがあり ます。

 

・スピーチ恐怖とはなんですか?
  →スピーチ恐怖とは、人前で話をしようとすると息苦しさを感じたり、体の震えが抑えられなくなったりする症状です。ひどく緊張することで言葉に詰まったり噛んでしまうことで更に不安や恐怖を感じ、汗が出てきたり顔が真っ赤になってしまったり…

   その状況に更に恥ずか しさや焦りを感じて、もっと言葉が出てこなくなってしまうという悪循環に陥ってしまいます。こういった経験を重ねることで、自分の中の記憶に「人前ではしゃべれない、恥ずかしい思いをする」ということが残ってしまい、

   同じ状な状況が避けてしまうことで、社会生活が困難になることもあります。スピーチと書いてあるので大勢を前にした場合だけと感じるかもしれませんが、会議などの発言でも同じような症状が出る事があります。
   

   社会不安障害の多くの症状の中でも代表的でイメージしやすいものであり、患者さんが訴えることが多い症状です。

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

たくさんの方が、同じ様な症状で来院されています。
ご紹介している症状以外でも、「こんなことで受診していいのかな...」
と迷ったらまずは一度お電話ください。

ひだまりこころクリニックスタッフクリニックでお待ちしています

tel:052-441-0800

お電話でのご相談は診療時間内
電話予約は朝7時から22時まで

WEB予約(24時間受付)

ひだまりこころクリニック診療時間

休診日:祝日 / ◎の診療時間は9:00-16:30