クリニックブログ

クリニックブログ

2015.08.04

自律神経失調症は、そのストレスが原因かもしれません

まず、自律神経とは、交感神経と副交感神経の2種類のことです。
簡単に言うと、交感神経が気分が激しい運動をしているときなど、高揚している時の神経。
副交感神経とは、逆に休んでいる時の神経です。

自律神経が正常だと、運動中にきちんと機能し、活発となり、交感神経が働く。
安息時には回復優先で副交感神経が働きます。

しかし、自律神経失調症になると、夜熟睡すべきときなのに、副交感神経の働きが悪く眠れず不眠症になる。運動しているわけでないのに、交感神経が働いてしまって呼吸が早まったりするなどの症状が出ます。

原因としては、ストレスが多い現代社会にあるといわれています。つまり、交感神経ばかりが働いてしまい、副交感神経がなかなか活性化しないことが挙げられます。

 

もし、「自律神経失調症かも?」と思ったら、心療内科、老年心療内科、精神科のひだまりこころクリニックにも、お気軽にご相談ください。

名古屋市中区栄のサンシャインサカエ院の自律神経失調症の診療情報

名古屋市中区金山の金山院の自律神経失調症の診療情報

あま市の本院の自律神経失調症の診療情報

 

【自律神経失調症に関する関連ブログ】

自律神経失調症に関するブログ記事一覧へ

CATEGORY

ARCHIVE

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

たくさんの方が、同じ様な症状で来院されています。
ご紹介している症状以外でも、「こんなことで受診していいのかな...」
と迷ったらまずは一度お電話ください。

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

tel:052-441-0800

お電話でのご相談は診療時間内
電話予約は朝7時から22時まで

WEB予約(24時間受付)

診療時間

※担当医師によっては上記診療時間内であってもご予約がお受けできない場合がございます。ご予約時間についてはスタッフにお尋ねくださいませ。
何卒ご理解のほど頂きまして今後ともよろしくお願いいたします。