花粉症の有病率はどのくらい?

ひだまりこころクリニック

WEB予約はこちらから(24時間受付)

tel:052-441-0800タップで電話をかける

心療内科・老年心療内科・精神科ひだまりこころクリニック

花粉症の有病率はどのくらい?

クリニックブログ

2017.03.01

花粉症の有病率はどのくらい?

寒い時期が終わると、テレビでは、花粉情報を目にすることが増えてきます。

花粉症の人たちにとっては、とても嫌な季節になってきた、と感じるのではないでしょうか?

それでは、今年の花粉の飛散予報について、書いておきます。

スギやヒノキの花粉数は前年夏の気象に大きな影響を受けます。東海地方から九州にかけては15年、16年と2年連続で花粉が比較的少ない状況でしたが16年夏は記録的な猛暑になり、この影響で17年春の花粉数はかなり多くなる見込みです。

もう一つは前年の花粉数の影響で、花粉が少ないと翌年春の花粉が多くなります。東海から西の各地は16年夏が猛暑だったこと、16年春の花粉数が少なかった二つの条件が重なり

17年春の花粉数は多くなると考えられています。

この他にも実際にスギやヒノキの木を観察して、どの程度花芽が生育しているかという事も飛散予測では考慮されます。

それでは、花粉症である人(有病率)はどのくらいなんでしょうか?

花粉症の有病率には様々な数字があります。

例えば、医師向けに医師とその家族に花粉症の有病率を聞いたデータでは愛知県の有病率は30%程度で、他の都市と比較しても高い方でした。

また全国的に約1万人規模で有病率を調査したものでは、全国的には15.6%でしたが、東海地方は28.7%でした。こうしたデータから考えると東海地方では3人に1人ほどは花粉症にかかっていると考えられ、実感としてだけでなく花粉症患者さんが多いことがお分かりいただけるかと思います。

また最近は大人だけでなく子供の花粉症患者さんも以前に比べると2倍以上に増えていることも問題視されています。

マスクなどをして、花粉が体内に入ることを、予防してください。

ひだまりこころクリニック

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

たくさんの方が、同じ様な症状で来院されています。
ご紹介している症状以外でも、「こんなことで受診していいのかな...」
と迷ったらまずは一度お電話ください。

ひだまりこころクリニックスタッフクリニックでお待ちしています

tel:052-441-0800

お電話でのご相談は診療時間内
電話予約は朝7時から22時まで

WEB予約(24時間受付)

ひだまりこころクリニック診療時間

休診日:祝日 / ◎の診療時間は9:00-16:30