花粉症の薬物治療にはどのようなものがありますか?

ひだまりこころクリニック

WEB予約はこちらから(24時間受付)

tel:052-441-0800タップで電話をかける

心療内科・老年心療内科・精神科ひだまりこころクリニック

花粉症の薬物治療にはどのようなものがありますか?

クリニックブログ

2017.03.07

花粉症の薬物治療にはどのようなものがありますか?

まずケミカルメディエーター遊離抑制薬という種類の薬剤があります。これはヒスタミンやロイコトリエン等のケミカルメディエーターの遊離を抑制する薬剤です。

効果はマイルドで、効果発現までも時間が少しかかります(2週間~1か月)。その為服用するのであれば、花粉飛散よりも少し早めから服用することが大切です。また、眠気や口の渇き易さという、花粉症の薬でよくある副作用がないことはメリットになります。

次に抗ヒスタミン薬という、現在の日本では最も花粉症患者さんに使用されている薬剤があります。これは先ほどのケミカルメディエーター内のヒスタミンという物質が体内の受容体と働き、花粉症症状を引き起こすのを抑える働きがあるケミカルメディエーター受容体拮抗薬の一種です。服用してすぐに効果が出てくること、第二世代の抗ヒスタミン薬(現在多く使用されている薬剤)では眠気などの副作用が抑えられていて非常に使いやすい薬剤ですが、眠気が出ないわけではないので、運転などに制限がかかってしまう薬剤もあります。

また、同じくケミケルメディエーターであるロイコトリエンの働きを受容体で抑えるロイコトリエン受容体拮抗薬は抗ヒスタミン薬よりは鼻閉に効きやすいですが、効果発揮するには1週間ほどしっかり服用してもらう必要があります。

もう一つのケミカルメディエーター受容体拮抗薬のプロスタグランジンD2・トロンボキサンA2受容体拮抗薬も鼻閉に効果がありますが、4週間ほどかかる可能性があり、くしゃみや鼻汁への効果は弱いという特徴があります。

その他にはTh2サイトカイン阻害薬という鼻閉に効果のある薬剤がありますが、このタイプは多くは他の薬剤と一緒に使用されて、増強効果を狙う事が多いです。

また、重症例の場合にはステロイドが使用されます。鼻閉症状が重い場合には点鼻タイプが選択されることが多いですが、これは局所的に効果を示すものなので、全身的な副作用は少なく、長期的にしっかりと使用したほうが症状の改善が期待できます。逆に経口ステロイドの場合は短期間での服用にとどめる事が、副作用との兼ね合いもあって大切になります。

 

今日は少しむつかしい内容になってしまいました。

ひだまりこころクリニック

 

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

たくさんの方が、同じ様な症状で来院されています。
ご紹介している症状以外でも、「こんなことで受診していいのかな...」
と迷ったらまずは一度お電話ください。

ひだまりこころクリニックスタッフクリニックでお待ちしています

tel:052-441-0800

お電話でのご相談は診療時間内
電話予約は朝7時から22時まで

WEB予約(24時間受付)

ひだまりこころクリニック診療時間

休診日:祝日 / ◎の診療時間は9:00-16:30