認知症ともの忘れの違い

ひだまりこころクリニック

WEB予約はこちらから(24時間受付)

tel:052-441-0800タップで電話をかける

心療内科・老年心療内科・精神科ひだまりこころクリニック

認知症ともの忘れの違い

クリニックブログ

2016.03.03

認知症ともの忘れの違い

認知症ともの忘れ、同じじゃないかと思うかもしれませんが、実は違います。

一般的なもの忘れでは、出来事の一部を忘れてしまうのに対し、認知症によるもの忘れでは出来事のすべてを忘れてしまいます。

例えば、今日のお昼ご飯は何を食べたのか思い出せない場合は、一般的なもの忘れですが、食べたことそのものを忘れてしまっている場合は、認知症によるもの忘れである可能性が高いと言えます。

そのため、「ご飯をもらっていない」という訴えが出てくることがあります。

もし、周りの方にこういう症状がみられた場合は、専門医の受診をおすすめします。

認知症に伴う周辺症状についても、改善するお手伝いができるかもしれません。

 

 

あま市甚目寺

ひだまりこころクリニック

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

たくさんの方が、同じ様な症状で来院されています。
ご紹介している症状以外でも、「こんなことで受診していいのかな...」
と迷ったらまずは一度お電話ください。

ひだまりこころクリニックスタッフクリニックでお待ちしています

tel:052-441-0800

お電話でのご相談は診療時間内
電話予約は朝7時から22時まで

WEB予約(24時間受付)

ひだまりこころクリニック診療時間

休診日:祝日 / ◎の診療時間は9:00-16:30