クリニックブログ

クリニックブログ

2016.08.25

認知症の方への対応(心構え)~尊厳を守る~

認知症という言葉が使われるようになったのは、2004年で、それよりも前は、痴呆と呼ばれていました。

それまでは、認知症の知識も社会全体に乏しく、「ボケてしまったら何もわからなくなる」という考え方が横行し、認知症の方を非人間的に扱っていた時代もありました。おおよそ20~30年前のことです。

しかし、今では、認知症になっても適切な援助・支援を受けながら社会生活を継続して送る権利が保障されています。

できなくなったことばかりに目をやるのではなく、その方自身の変わらない本質をしっかり見つめ、向き合い、医療・介護・福祉・地域などと連携しながら、必要な支援を組む必要があります。

大切なことは、子ども扱いせずに、ご本人の尊厳を守り、支援することです。

 

名古屋駅から約15分

ひだまりこころクリニック

CATEGORY

ARCHIVE

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

たくさんの方が、同じ様な症状で来院されています。
ご紹介している症状以外でも、「こんなことで受診していいのかな...」
と迷ったらまずは一度お電話ください。

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

tel:052-441-0800

お電話でのご相談は診療時間内
電話予約は朝7時から22時まで

WEB予約(24時間受付)

診療時間

※担当医師によっては上記診療時間内であってもご予約がお受けできない場合がございます。ご予約時間についてはスタッフにお尋ねくださいませ。
何卒ご理解のほど頂きまして今後ともよろしくお願いいたします。