鬱病の専門家は内科ではなく心療内科

ひだまりこころクリニック

WEB予約はこちらから(24時間受付)

tel:052-441-0800タップで電話をかける

心療内科・老年心療内科・精神科ひだまりこころクリニック

鬱病の専門家は内科ではなく心療内科

クリニックブログ

2016.02.01

鬱病の専門家は内科ではなく心療内科

頭痛・腹痛や関節の痛みを感じたり、体重が急に増えたり減ったりしたときは、内科の病院へ行くのが普通でしょう。しかしこれらの症状は、鬱病が本当の原因かもしれません。

心と体の不調は直結している


鬱病は心の病気ですが、気分が落ち込むと体にも少なからぬ影響を及ぼします。拒食や過食で体重が急激に変化することもありますし、生理不順になったり性欲が減退したりすることもあります。不安感から息苦しさを感じるとか、発汗や動悸がひどくなる等も、よく見られる症状です。多くの方は最初に内科へ行きますが、原因がわからないケースも少なくありません。このような際には専門知識の豊富な心療内科に相談すれば、適切な治療を受けられる場合があります。
祖父江町の近辺にお住まいで、特に悪いところがないのに体の調子がおかしいという方は、あま市のひだまりこころクリニックを受診してみるのも選択肢のひとつです。自分でも気づかない不調の原因を発見することで、早期にスムーズな治療が可能になります。

鬱病かどうかの判断は素人には困難なので、ひとりで決めつけないようにしましょう。専門医なら多くの基準をもとに的確な診断を行ない、治療や再発防止に繋げることができます。

不眠症の場合は近くの心療内科へ

不眠症になってしまうと、夜眠ることができないだけではなく、昼間にひどい眠気に襲われたりして体がつらいものです。そんなときには、心療内科に相談にいくのが一番です。

最適な治療を受けることができます


不眠症の場合は、昼間にもつらい症状が出てきます。夜眠ることができない分、昼間に眠くなってしまったり集中力が続かなかったりするのです。そんなときには、そのような悩みを一人で抱え込むのは絶対によくありません。あま市にある、ひだまりこころクリニックであれば、不眠症の悩みを真剣にきいてくれて治療を行ってくれる専門医がいます。津島からも近く。アクセス抜群のクリニックで、通いやすいです。不眠症に治療に、睡眠薬を使うことも多いです。中には、睡眠薬は少し恐ろしいイメージがあるのであまり飲みたくない、と考えている人もおられますが、最近の睡眠薬は全く怖いものではないので安心できます。きちんと生活リズムも整えることができますし、最適な治療になる場合が多いです。一度相談に行くことが大事です。

不眠症で困っている人は、心療内科のあるひだまりこころクリニックで相談されることがおすすめです。専門医が真剣に相談にのってくれますし、適切な治療を受けることができます。

不眠症の場合は精神科に行く

不眠症は早期治療をすることが大事になります。早期治療をすることで、眠りの悩みは改善されます。また、専門医に相談するだけでも不眠の悩みは和らげることができます。眠れないということで1人で悩まないことが大事です。

早めに専門医に相談する


不眠症で悩んでいたり、少しでも自分に不眠症の症状がある場合には、できるだけ早めに専門医に相談をすることがとても大事になります。あま市にある、ひだまりこころクリニックであれば、不眠症の相談ができます。蟹江からも近くとてもアクセスがいい場所にあるクリニックです。そのため、いろいろな世代の人が気軽に通うことができます。こちらでは、睡眠薬を使った治療も行われています。睡眠薬はかなり即効性のあるものです。決して怖いものでもありません。これを飲むことで、快適な睡眠ができます。夜眠ることができるようになったら、徐々に量を減らしていったらいいものです。睡眠薬を飲むことで、夜眠ることができますし昼間に眠気に襲われたり集中力がなかなか続かないということもなくなります。専門医に早めに相談することが大事です。

不眠症の場合は、早めに専門医に相談をして適切な治療を行ってもらうことがとても大事です。ひだまりこころクリニックは、かなりアクセスがいい場所にあるので安心していくことができます。

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

たくさんの方が、同じ様な症状で来院されています。
ご紹介している症状以外でも、「こんなことで受診していいのかな...」
と迷ったらまずは一度お電話ください。

ひだまりこころクリニックスタッフクリニックでお待ちしています

tel:052-441-0800

お電話でのご相談は診療時間内
電話予約は朝7時から22時まで

WEB予約(24時間受付)

ひだまりこころクリニック診療時間

休診日:祝日 / ◎の診療時間は9:00-16:30