クリニックブログ

パニック発作はどんな時に起きる?

クリニックブログ

2015.07.22

パニック発作はどんな時に起きる?

パニック障害とは特別なアクシデントが起きたわけでもないのに、パニック状態に陥り、過呼吸になったり、心臓がドキドキして脂汗が出るなど、今にも死んでしまうのではというくらい苦しい発作を引き起こす症状をいいます。

大きな地震が起きたり、目の前で大事故や事件などが起これば、誰しもパニックに陥り、我を忘れたり腰が抜けたりすることがあります。ですが、パニック障害の方は特段のトラブルが起きなくても、こうした状態に見舞われてしまうのです。

もっとも、起こりやすい場所や環境というのがあり、エレベーターの中など閉鎖的な空間に入った時であったり、電車の中など知らない人に囲まれ閉ざされた空間は要注意です。

こうした場所に行くと、何か周囲で事故や事件が起こったわけでなくても発作が起こるため、怖くて一人で外出ができなくなったり、発作が起こるかもと考えるだけで発作になってしまうケースもあります。

治療には、薬物療法をはじめ、認知行動療法などの精神療法が有効です。

 

漢方も得意な精神科専門医。

ひだまりこころクリニック

CATEGORY

ARCHIVE

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

たくさんの方が、同じ様な症状で来院されています。
ご紹介している症状以外でも、「こんなことで受診していいのかな...」
と迷ったらまずは一度お電話ください。

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

tel:052-441-0800

お電話でのご相談は診療時間内
電話予約は朝7時から22時まで

WEB予約(24時間受付)

診療時間

※担当医師によっては上記診療時間内であってもご予約がお受けできない場合がございます。ご予約時間についてはスタッフにお尋ねくださいませ。
何卒ご理解のほど頂きまして今後ともよろしくお願いいたします。