人はなぜ眠るのでしょうか?

ひだまりこころクリニック

WEB予約はこちらから(24時間受付)

tel:052-441-0800タップで電話をかける

心療内科・老年心療内科・精神科ひだまりこころクリニック

人はなぜ眠るのでしょうか?

クリニックブログ

2017.08.20

人はなぜ眠るのでしょうか?

睡眠の最も重要な役割は、身体と脳を休めることであるといわれています。

しかし、睡眠は単なる休息のためだけのものではなく、 体温・血圧・脈拍などの自律神経系、内分泌ホルモン系、免疫・代謝系の調節に関与しています。疲労回復、身体の発達、免疫機構の調整、記憶の整理など、ヒトが生活するうえで非常に重要な役割を担っています。

ヒトの体には睡眠を引き起こすためのメカニズムが備わっています。恒常性維持機構と体内時計機構、この二つの働きが互いに作用しあい、睡眠や覚醒のバランスをとっているのです。

ではそれぞれの働きについてご紹介します。

恒常性維持機構は、体の睡眠不足の度合いに関わる働きです。夜更かしした次の日の朝はとても眠たい、そういった経験は誰しもしたことがあると思います。体の恒常性維持機構がきちんと働いていると、このようなことが起こります。睡眠は疲労回復のためのシステムですので、睡眠時間が足りなかったりぐっすり眠れなかったりすると睡眠促進物質がたまり、体を休めさせようとするのがこの働きです。

体内時計機構は、その名の通り時間に関わる働きです。毎日大体決まった時間に眠くなったり、目覚めたりできるのは、この体内時計機構がきちんと働いているからです。体内時計は実は25時間周期ですが、朝の光を浴びるなどの刺激によって1時間のずれを修正していると言われています。朝にカーテンを開けるのは、24時間の周期に対応するために非常に重要な行動ということですね。

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

たくさんの方が、同じ様な症状で来院されています。
ご紹介している症状以外でも、「こんなことで受診していいのかな...」
と迷ったらまずは一度お電話ください。

ひだまりこころクリニックスタッフクリニックでお待ちしています

tel:052-441-0800

お電話でのご相談は診療時間内
電話予約は朝7時から22時まで

WEB予約(24時間受付)

ひだまりこころクリニック診療時間

休診日:祝日 / ◎の診療時間は9:00-16:30