はだか祭り

ひだまりこころクリニック

WEB予約はこちらから(24時間受付)

tel:052-441-0800タップで電話をかける

心療内科・老年心療内科・精神科ひだまりこころクリニック

はだか祭り

クリニックブログ

2015.06.04

はだか祭り

国府宮のはだか祭は有名な尾張の祭りです。
この祭は正式には、なおい神事とといい、毎年旧正月の13日に尾張総社である国府宮で行われます。
歴史は古く767年に称徳天皇の勅令により始まった神事なのです。
祭は一人の神男を巡って、裸になった男たちのもみ合いを繰り広げるのですが、これは神男に触れれば厄落としができるという信仰からの行為なのです。
国府宮はこうしたはだか祭で有名ですが、尾張地方の総鎮守神、農商業守護神、厄除け神として広く信仰されています。
国府宮は通称であり、尾張大國霊神(おわりおおくにたまのかみ)が正式な名前です。
本殿は流れ造で拝殿は切妻造で全体の様式は尾張造と呼ばれるものです。拝殿は徳川初期の建立であり、内側に柱が並立しているのが特徴で重要文化財として指定されています。
また、楼門は足利初期の建立で、1646年に解体修理を行う際に上層を改造していますが、これも重要文化財です。
交通アクセスは名鉄国府宮が便利です。

 

甚目寺駅・須ヶ口駅・木田駅・勝幡駅・新清洲駅・大里駅・稲沢駅・国府宮駅・一宮駅・西枇杷島駅・栄生駅・名古屋駅から通いやすい
あま市甚目寺のメンタルクリニック   ひだまりこころクリニック

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

たくさんの方が、同じ様な症状で来院されています。
ご紹介している症状以外でも、「こんなことで受診していいのかな...」
と迷ったらまずは一度お電話ください。

ひだまりこころクリニックスタッフクリニックでお待ちしています

tel:052-441-0800

お電話でのご相談は診療時間内
電話予約は朝7時から22時まで

WEB予約(24時間受付)

ひだまりこころクリニック診療時間

休診日:祝日 / ◎の診療時間は9:00-16:30