対人恐怖症とは

クリニックブログ

2015.08.26

対人恐怖症とは

人前で緊張したり、不安になる気持ちは誰しもあります。

しかし、その気持ちが強くなりすぎて人と会うことに恐怖心を抱いたり仕事や外出することにも苦痛を感じて日常生活を送ることにも支障が出てきてしまうのが対人恐怖症です。

赤面したり、震えが起きるなど身体的な症状があらわれることもあります。対人恐怖症になる原因は元々の資質や何かのきっかけでトラウマになってしまうなど理由は様々ですが、悪化してしまうとうつ病や引きこもりなどに発展してしまうこともあります。

自分の意思とは反して思うように力を出せず社会から孤立してしまうことがこの病気の大きな問題です。そのため早めの治療や対処が大切です。

自分が苦痛に感じている時は、無理せずにカウンセラーに相談したり、薬を使用することで症状を軽くすることも一つの方法です。なかなか改善することが難しい病気ですが、焦らずに少しずつ治療を進めることで症状を緩和していくことができます。

 

 

臨床心理士によるカウンセリングも行っています

ひだまりこころクリニック

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

たくさんの方が、同じ様な症状で来院されています。
ご紹介している症状以外でも、「こんなことで受診していいのかな...」
と迷ったらまずは一度お電話ください。

tel:052-441-0800

お電話でのご相談は診療時間内
電話予約は朝7時から22時まで

WEB予約(24時間受付)

※担当医師によっては上記診療時間内であってもご予約がお受けできない場合がございます。ご予約時間についてはスタッフにお尋ねくださいませ。
何卒ご理解のほど頂きまして今後ともよろしくお願いいたします。