クリニックブログ

クリニックブログ

2015.07.08

強迫性障害はこころの病気のひとつです

強迫性障害は心の病気の一つです

強迫性障害はこころの病気のひとつです。自分のしているこだわりが理不尽であると分かっているのにやめられない。意味がないと思いながらもこだわりがやめられないなどの症状があります。理不尽な行動やこだわりなら誰にでもあるように思いますが、強迫性障害の場合はその行動が、日常生活に支障を起こしてしまいます。

 

強迫性障害の症状の一例について

例えば、手の汚れが気になってしまう強迫性障害の人の場合は、洗っても洗っても汚れが気になり、何度も何度も手を洗い、次第に手が荒れてボロボロになってしまいます。それでも汚れが気になり、アルコール消毒も何回も行ってしまう。また、家の戸締まりが気になってしまう強迫性障害の人は、出かける時に、鍵を閉め忘れていないか心配になり、何度も戻って確認してしまう。次第には心配で外出さえできなくなる、といった症状があります。

 

強迫性障害の治療として「認知行動療法」とは

強迫性障害の治療では「認知行動療法」というものが用いられます。これは、強迫症状に立ち向かい、今までやらずにはいられなかった強迫行動を我慢するというものです。こうした課題をクリアしていくことで、強迫症状を解消していきます。

 

強迫性障害かもと悩まれている方は、ご相談くださいませ

日本では、強迫性障害で医療機関を受診している人は、精神科受診者の4%前後と少ない数字になっていますが、その症状を性格によるものととらえている人が多いため、実際はもっと多くの人が強迫性障害の疑いがあるといえます。

 

清須市・稲沢市・津島市・愛西市・あま市からも通院しやすい心療内科・精神科・メンタルクリニックです

あま市(甚目寺、七宝、大治)、 清須市、稲沢市は車で10分圏内のアクセス良好な心療内科です。
津島市、北名古屋市、蟹江町、名古屋市からも アクセスが便利ですのでお気軽にご相談くださいませ。

 

ひだまりこころクリニック

 

==強迫性障害に関するその他のブログはこちらから==

強迫性障害とは「強迫性障害における認知行動療法について」

過度な不安を感じた時は「強迫性障害やその他の精神疾患の可能性も」

強迫性障害には強迫観念と強迫行為の症状があります

強迫性障害は性別や年齢に関係なく誰にでも発症しうる病気です

 

強迫性障害に関する詳しい説明はこちらから

 

トップページ

CATEGORY

ARCHIVE

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

たくさんの方が、同じ様な症状で来院されています。
ご紹介している症状以外でも、「こんなことで受診していいのかな...」
と迷ったらまずは一度お電話ください。

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

tel:052-441-0800

お電話でのご相談は診療時間内
電話予約は朝7時から22時まで

WEB予約(24時間受付)

診療時間

※担当医師によっては上記診療時間内であってもご予約がお受けできない場合がございます。ご予約時間についてはスタッフにお尋ねくださいませ。
何卒ご理解のほど頂きまして今後ともよろしくお願いいたします。