あま市,清須市,津島市,稲沢市,愛西市,蟹江町から来れるメンタルクリニック・心療内科。うつ、パニック、ADHD、不眠治療なら専門医へ。日曜も診察。

ひだまりこころクリニック

WEB予約はこちらから(24時間受付)

tel:052-441-0800タップで電話をかける

心療内科・老年心療内科・精神科ひだまりこころクリニック

クリニックブログ

2015.09.27

【アルコール依存症の治療への根気が必要なとき】まずは通院を継続してみよう

アルコール依存症で辛くなってしまうと

アルコール依存症は普通の病気を異なり、病院で先生に診断してもらったり薬を服用したからと言って簡単には完治できない病気です。

特に身体的依存症状が相まってしまうと、アルコールを摂取しない状態の身体の不調が非常に不快になってしまい、いてもたってもいられなくなってしまう事が多く、本人が辛い思いをすることは非常に多いと思います。

アルコール依存症に関する解説はこちら

まずは通院を継続するという事から始めてみませんか?

特に、本人の治療への根気が必要なので一度失敗して依存状態になっても諦めないでやり直すことが必要です。また、自分ではアルコール依存症だと気づいていない人も多く、そのような場合は家族がケアしてあげることが大切です。

また、アルコール依存症にかかってしまうと、なかなかご自身の体調に客観的に気づいてあげることができなくなってしまいます。自分の生活環境や身体面だけではなく、周囲への影響をもなかなか気にかけることが病気のためにできなくなってしまうのです。

アルコール依存症の治療ならひだまりこころクリニックへ

アルコール依存症になるとそれと一緒に暴力的になる場合もあるのでひどい場合は入院治療も必要です。また、この病気は遺伝性も若干あるため、親がそうなった場合は自分もそうならないように予め気をつけることも大切です。

特に毎日アルコールを飲んでいる人は量が増えていっていないか自分で見つめ直して依存症に陥らないように注意する必要があります。

通院を継続することで、医療機関との関わりを保つことは重要です

また、通院を継続することで、医療機関との関係性を保つことは重要です。

アルコール依存症の症状でお困りなら心療内科ひだまりこころクリニックへ

特に訪問看護やデイケア等、まずは本人の希望や体調に応じて家庭内での関わりを増やしていく事も出来ます。アルコールを飲まないように本人に指導するだけではなく、周囲や家族との関係性があるからアルコールを減らそうとするという気持ちも大切です。

つまりは、アルコール依存症は本人の責任や勝手として放置しすぎてしまうのではなく、多くの人たちが関わりを持つことが大切です。その場合、家族のかかわりも大切ではありますが、時として家族だからこそ本人との関係性が大きくゆがんでしまいやすくなるので、医療機関のサービスや取り組み・ケアを利用することは大切です。

甚目寺駅・須ヶ口駅・木田駅・勝幡駅・津島駅・新清洲駅・大里駅・稲沢駅・国府宮駅・一宮駅・西春駅・西枇杷島駅・栄生駅・名古屋駅・金山駅からもアクセス便利な心療内科・メンタルクリニック・精神科です

ひだまりこころクリニック

心療内科ひだまりこころクリニックならうつ病治療もお任せください

あま市の心療内科ひだまりこころクリニックです名古屋市金山の心療内科ひだまりこころクリニック金山院名古屋市栄の心療内科・精神科・メンタルクリニック

 

CATEGORY

ARCHIVE

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

たくさんの方が、同じ様な症状で来院されています。
ご紹介している症状以外でも、「こんなことで受診していいのかな...」
と迷ったらまずは一度お電話ください。

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

tel:052-441-0800

お電話でのご相談は診療時間内
電話予約は朝7時から22時まで

WEB予約(24時間受付)

診療時間

※担当医師によっては上記診療時間内であってもご予約がお受けできない場合がございます。ご予約時間についてはスタッフにお尋ねくださいませ。
何卒ご理解のほど頂きまして今後ともよろしくお願いいたします。