睡眠時無呼吸症候群(SAS)

ひだまりこころクリニック

WEB予約はこちらから(24時間受付)

tel:052-441-0800タップで電話をかける

心療内科・老年心療内科・精神科ひだまりこころクリニック

睡眠時無呼吸症候群(SAS)

クリニックブログ

2015.08.22

睡眠時無呼吸症候群(SAS)

睡眠時無呼吸とは、眠っている間に呼吸が停止する病気です。

英語の頭の文字をとってSASと言われます。

睡眠時無呼吸に該当する状態として、10秒以上の気流停止を無呼吸とします。この無呼吸が7時間の睡眠中に30回以上、もしくは1時間あたり5回以上あれば、睡眠時無呼吸と診断されます。

睡眠時無呼吸が引き起こす症状としては、日中眠くなったり、集中力、注意力が散漫になります。

日中の眠気、注意力が散漫になる事によって交通事故、労働災害を誘発する危険性があります。睡眠時無呼吸かなと思ったら、早期に専門医に診断してもらう事が重要になります。

専門医では、問診、検査、治療という流れになります。睡眠時無呼吸の治療方法としては、CPAP治療、外科手術といった治療方法が確立されています。

 

甚目寺駅・須ヶ口駅・木田駅・勝幡駅・新清洲駅・大里駅・稲沢駅・国府宮駅・一宮駅・西枇杷島駅・栄生駅・名古屋駅から通いやすい あま市甚目寺のメンタルクリニック

ひだまりこころクリニック

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

たくさんの方が、同じ様な症状で来院されています。
ご紹介している症状以外でも、「こんなことで受診していいのかな...」
と迷ったらまずは一度お電話ください。

ひだまりこころクリニックスタッフクリニックでお待ちしています

tel:052-441-0800

お電話でのご相談は診療時間内
電話予約は朝7時から22時まで

WEB予約(24時間受付)

ひだまりこころクリニック診療時間

休診日:祝日 / ◎の診療時間は9:00-16:30