クリニックブログ

クリニックブログ

2016.12.09

統合失調症の治療(その1)

(統合失調症の治療について、2回連続でお送りします。)

統合失調症の治療の目的は、病気の症状を改善して、再発・再燃を防止し、社会生活機能を回復させて維持させることにあります。

初めて統合失調症に罹った患者さんの5年間での再発率は82%と言われており、再発・再燃することで精神症状・社会機能障害は悪化します。そのため、他の精神疾患と同じように薬物療法と心理社会療法を組み合わせてしっかりとした治療を行っていくことが大きなポイントとなります。

また、過去の病名である精神分裂病という言葉のイメージから病院に入院しての治療が行われているのではないかと思われる事もあるかもれしれません。

症状が激しくて妄想や幻覚によって言動がおかしくなっていたり、自殺企図などの緊急性がある場合には入院治療を行いますが、それ以外の場合には近くのクリニックなどで外来治療によっての治療が可能です。

急性期には薬物療法が中心になり、同時に家族に対しても患者への向き合い方などの心理教育が行われます。回復期になると心理社会療法の比重が増していき、安定期に入れば再発・再燃を防止するための薬物療法の継続と共に清潔支援も含めた社会復帰のための活動がポイントになっていきます。

ひだまりこころクリニック

CATEGORY

ARCHIVE

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

たくさんの方が、同じ様な症状で来院されています。
ご紹介している症状以外でも、「こんなことで受診していいのかな...」
と迷ったらまずは一度お電話ください。

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

tel:052-441-0800

お電話でのご相談は診療時間内
電話予約は朝7時から22時まで

WEB予約(24時間受付)

診療時間

※担当医師によっては上記診療時間内であってもご予約がお受けできない場合がございます。ご予約時間についてはスタッフにお尋ねくださいませ。
何卒ご理解のほど頂きまして今後ともよろしくお願いいたします。