クリニックブログ

クリニックブログ

2015.07.11

脳血管性認知症とアルツハイマー型認知症

認知症の症状には、脳血管性認知症とアルツハイマー型認知症があります。

どちらの症状に当たるのを知っておく必要があります。

健康な方でも、誰にでもなりうる可能性がありますので認知症の事を他人事と思わないようにしなければなりません。

脳や神経細胞の衰えにより認知症が起こります。

そしてこの認知症の症状には大きく分けて脳血管性認知症とアルツハイマー型認知症の2つのタイプになるのです。

脳梗塞や脳卒中の発作などによって脳が障害を受けて起こるのが脳血管性認知症になります。

最近の研究により、認知症の予防や改善に効果がある食べ物が注目されています。

神経組織の発育や機能維持に関与して血栓を防ぎ脳の障害を予防してくれるのがDHAになります。
DHAは血液を流れやすくしてくれますので、脳血管性認知症の原因になる脳梗塞を予防するのにとても効果的になります。イワシやサバなどに多く含まれています。

これらの脂が多い魚は健脳食としての代表になります。

また脳血管性認知症の予防のため脳卒中になることを予防しなければなりません。
脳卒中になってしまっても、早期から早めのリハビリを行うことで寝たきりになるケースなどを防ぐことが出来ます。
家族の協力をもらいながら生活することが大切になります。

 

 

甚目寺駅・須ヶ口駅・木田駅・勝幡駅・津島駅・新清洲駅・大里駅・稲沢駅・国府宮駅・一宮駅・西春駅・西枇杷島駅・栄生駅・名古屋駅・金山駅からもアクセス便利です

ひだまりこころクリニック

CATEGORY

ARCHIVE

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

たくさんの方が、同じ様な症状で来院されています。
ご紹介している症状以外でも、「こんなことで受診していいのかな...」
と迷ったらまずは一度お電話ください。

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

tel:052-441-0800

お電話でのご相談は診療時間内
電話予約は朝7時から22時まで

WEB予約(24時間受付)

診療時間

※担当医師によっては上記診療時間内であってもご予約がお受けできない場合がございます。ご予約時間についてはスタッフにお尋ねくださいませ。
何卒ご理解のほど頂きまして今後ともよろしくお願いいたします。