薬による治療を維持することの大切さとは?

ひだまりこころクリニック

WEB予約はこちらから(24時間受付)

tel:052-441-0800タップで電話をかける

心療内科・老年心療内科・精神科ひだまりこころクリニック

薬による治療を維持することの大切さとは?

クリニックブログ

2017.08.06

薬による治療を維持することの大切さとは?

「症状も良くなってきたので、仕事や家庭生活に復帰する準備を少しずつ始めましょう」と担当の医師に言われると、うつ病が治ったと思い、それまで続けていた治療をやめようと思う患者さんがいます。しかし、うつ病はぶり返す可能性のある病気です。回復期も急性期と同じ薬の量で、少なくとも半年は治療を維持していくことが基本とされています。

薬には、「悪くなった状態を良くする働き」と「良くなった状態を維持する働き」の二つがあることを理解してください。また、故意に薬をやめるつもりがなくても、仕事や家庭生活への復帰を始めると朝が忙しくなったり、昼は外に出かけることが多くなりますから、のみ忘れがないように注意しましょう。うつ病の治療を進めるうえでとても難しいのが自分の状態が目にみえないということです。ケガをしたときのように傷口が見えたり、糖尿病や高血圧のように血糖値や血圧という数値として異常が目にみえれば、「今はまだ完全に治っていないから、きちんと治療を続けよう」と思えるのですが、うつ病の場合は、自分の状態が良いのか、悪いのかがわかりにくいものです。このため「先生は治療を続けるように言っているけど、最近は調子がいいから、もう大丈夫だろう」と自己判断で薬の服用をやめてしまいがちです。

 

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

たくさんの方が、同じ様な症状で来院されています。
ご紹介している症状以外でも、「こんなことで受診していいのかな...」
と迷ったらまずは一度お電話ください。

ひだまりこころクリニックスタッフクリニックでお待ちしています

tel:052-441-0800

お電話でのご相談は診療時間内
電話予約は朝7時から22時まで

WEB予約(24時間受付)

ひだまりこころクリニック診療時間

休診日:祝日 / ◎の診療時間は9:00-16:30