認知症の方の徘徊

ひだまりこころクリニック

WEB予約はこちらから(24時間受付)

tel:052-441-0800タップで電話をかける

心療内科・老年心療内科・精神科ひだまりこころクリニック

認知症の方の徘徊

クリニックブログ

2016.09.06

認知症の方の徘徊

ひとことで「徘徊」といっても、その内容や理由は人によって、また場合によってさまざまです。

地域によっては、「徘徊」という言葉を使わずに「ひとり散歩」「ひとり歩き」などと言いかえていることもあります。

ここでは徘徊と呼びますが、徘徊には以下のような状況があります。

1、もの忘れにより道に迷ってしまう

2、視空間認知障害により道に迷ってしまう

3、ご本人の決めた特定のルートをくるくる回る

4、差し迫った必要性を感じて、ある目的地にむけてひた歩く

5、ご本人自体も目的がわからずソワソワ歩いてしまう

6、せん妄による徘徊

7、今いる場所が退屈なためで歩く

このように、いくつかの理由があるといわれています。

徘徊は無理に止めることはできません。また閉じ込めてしまうのも、問題があります。

出歩いてしまったときに、安全に配慮した服装ができると良いです。最近はGPS端末をもってもらい、探しやすいしくみもあるようです。

 

ひだまりこころクリニック

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

たくさんの方が、同じ様な症状で来院されています。
ご紹介している症状以外でも、「こんなことで受診していいのかな...」
と迷ったらまずは一度お電話ください。

ひだまりこころクリニックスタッフクリニックでお待ちしています

tel:052-441-0800

お電話でのご相談は診療時間内
電話予約は朝7時から22時まで

WEB予約(24時間受付)

ひだまりこころクリニック診療時間

休診日:祝日 / ◎の診療時間は9:00-16:30