あま市,清須市,津島市,稲沢市,愛西市,蟹江町から来れるメンタルクリニック・心療内科。うつ、パニック、ADHD、不眠治療なら専門医へ。日曜も診察。

ひだまりこころクリニック

WEB予約はこちらから(24時間受付)

tel:052-441-0800タップで電話をかける

心療内科・老年心療内科・精神科ひだまりこころクリニック
クリニックブログ

クリニックブログ

2017.05.01

もしかしてこれって五月病?

「5月病」とはどういう状況を指すのでしょうか?

4月の新しいスタートで頑張り続けていた人たちが、ゴールデンウィーク明けに、疲れや無気力が強くなってしまう事です

ゴールデンウイークが近づいてくると新聞やTVなどで毎年よく「五月病」という文字を目にするかと思いますが、これは日本特有の名称です。

日本では4月は新年度が始まるということで、入学・入社・異動・転勤など非常に環境の変化が激しく、緊張感やストレスに晒される事が多くなります。

この新しい生活・環境になじむためにと4月中は頑張れるものの、ゴールデンウィークという長期休暇に入る事で緊張の糸が切れて疲れが一気にでてしまったり、学校や職場に通っていた生活リズムが崩れてしまう事でやる気がそがれたりしてしまう状態が現れてしまいます。そのためゴールデンウィークが終わって学校や会社に行く事が非常に憂鬱となり、精神的にも身体的にも症状が出てくることがあります。

こういった状態をまとめて、いわゆる「五月病」という言葉を使用しています。

5月病の特徴や症状について

5月病の様に、連休や長期休暇後に体調を崩してしまう人は実は多い

疲労や頑張りが継続してしまうと、それまで気力で耐えていたストレスが、連休や長期休暇を経て、緊張が切れてどっと押し寄せてしまいます。そのため、同じような状態は5月でなくても起こる可能性があります。

また、海外ではこの時期に長期休暇が設定されているわけではないので五月病という言葉は使われませんが、クリスマス休暇などの長期休暇後にやはり具合が悪くなるという事はあるようなので、言葉は日本独自ですが症状は世界共通なのかもしれません。

5月病は医学的には、「うつ病」や「適応障害」と診断されます

ちなみに、五月病は医学的な正式な診断名ではありません。実際に診断名を付ける場合には適応障害うつ病・うつ状態といったものが当てはまります。

また、うつ病の中でも新型うつ病・非定型うつ病といわれる、タイプの方や双極性障害の抑うつエピソードが絡んでいる方も見えますので、自己判断は禁物です。

5月病や適応障害・うつ病の治療なら心療内科やメンタルクリニック迄ご相談を

五月病は、実は誰でもなる可能性があります

かつては、新入生や新社会人などの、環境変化が大きい人がなると言われていましたが、何かしらの環境変化があった人は、老若男女関係なく誰でも「五月病」にかかる可能性があります。

例えば自分自身は異動していなくても、周囲の人間が変わってしまったことでストレスを溜めこんでいれば、それは五月病に繋がる可能性があります。

5月病になりやすい性格とは

性格としては完璧主義者の人や大人しく内向的な人、忍耐してしまう人、几帳面な人等のストレスを溜め込みやすい人が五月病になりやすい傾向があり、これらはうつ病になりやすい人と近いものがあるのです。

ひだまりこころクリニック

あま市の心療内科・メンタルクリニック・精神科のひだまりこころクリニック

適応障害に関する詳しい説明はこちらから

「栄院」の適応障害に関する詳しい説明はこちらから

「金山院」の適応障害に関する詳しい説明はこちらから

うつ病の詳しい説明はこちらから

「栄院」のうつ病の詳しい説明はこちらから

「金山院」のうつ病の詳しい説明はこちらから

あま市の心療内科ひだまりこころクリニックです名古屋市金山の心療内科ひだまりこころクリニック金山院名古屋市栄の心療内科・精神科・メンタルクリニック

CATEGORY

ARCHIVE

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

たくさんの方が、同じ様な症状で来院されています。
ご紹介している症状以外でも、「こんなことで受診していいのかな...」
と迷ったらまずは一度お電話ください。

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

tel:052-441-0800

お電話でのご相談は診療時間内
電話予約は朝7時から22時まで

WEB予約(24時間受付)

診療時間

※担当医師によっては上記診療時間内であってもご予約がお受けできない場合がございます。ご予約時間についてはスタッフにお尋ねくださいませ。
何卒ご理解のほど頂きまして今後ともよろしくお願いいたします。