PTSDはどうやって治療する?

ひだまりこころクリニック

WEB予約はこちらから(24時間受付)

tel:052-441-0800タップで電話をかける

心療内科・老年心療内科・精神科ひだまりこころクリニック

PTSDはどうやって治療する?

クリニックブログ

2017.04.13

PTSDはどうやって治療する?

PTSDには、どんな治療法があるのでしょう?

目を背けるために、お酒を大量に飲んで、楽しい気分を続けるのでしょうか?

・・・それでは、違う病気になってしまいます。

まず、第一に精神療法があります。特徴的なものとしては持続エクスポージャー療法というものがあり、これはトラウマに焦点を当てた認知行動療法であり、トラウマとなった場面にあえて身を置くような治療法です。今まで避けていたその記憶や、思い出すきっかけになってしまうものに目を向けることで、トラウマとなった場面が現在の自分に危害を加えるような状況ではないということを認識していくようにします。

ただし、これはPTSDの症状が出やすい状況下に患者さんを置く事になるので、専門医の下で行うことが必要です。

他にもうつ病などの他精神疾患でも使われる、ものの見方や考え方を修正していくという従来の認知行動療法なども行われます。

また、薬物療法もPTSD治療方法に有効です。

うつ症状や不安症状、睡眠障害などが見られる際には抗うつ薬(主にSSRI)や睡眠薬といったものも使用し、症状をなるべく軽くして、普段の生活に支障が出ないようにします。実際に半数以上の方が気分障害や不安障害を合併しているといわれますので、精神療法と薬物療法をうまく組み合わせていくといったことが多く行われています。

お薬を飲むことに抵抗があるかもしれませんが、気合だけで頑張るにも、疲れてしまいますので、お薬の力を借りながら、ご自分のココロと向き合っていくのが良いかもしれません。

 

ひだまりこころクリニック 

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

たくさんの方が、同じ様な症状で来院されています。
ご紹介している症状以外でも、「こんなことで受診していいのかな...」
と迷ったらまずは一度お電話ください。

ひだまりこころクリニックスタッフクリニックでお待ちしています

tel:052-441-0800

お電話でのご相談は診療時間内
電話予約は朝7時から22時まで

WEB予約(24時間受付)

ひだまりこころクリニック診療時間

休診日:祝日 / ◎の診療時間は9:00-16:30