うつ病についての情報を心療内科,精神科,メンタルクリニックのひだまりこころクリニックがお伝えしております

ひだまりこころクリニック

WEB予約はこちらから(24時間受付)

tel:052-441-0800タップで電話をかける

心療内科・老年心療内科・精神科ひだまりこころクリニック

うつ病についての情報を心療内科,精神科,メンタルクリニックのひだまりこころクリニックがお伝えしております

クリニックブログ

2017.06.14

重大な、大切な決断はすぐにしない方がいい?

うつ病のときは、ちょっとした失敗でも、「とんでもないことをしてしまった」「自分はダメな人間だ」と考えがちです。 さらに、「こんな自分がこの職場にいても、迷惑をか...

2017.06.13

うつ病の急性期ってどんなとき?

うつ病の急性期とは、気分の落ち込み、不安、イライラ、不眠、食欲の低下など、うつ病のつらい症状を改善していくための期間です。 うつ病は、治療を始めてすぐに改善を目...

2017.06.10

抗うつ薬はどうして効くの?

うつ病では、薬物療法が有効ですが、それでは「抗うつ薬」はどのように作用するのでしょう? 「抗うつ薬」というからには、うつ病が体内で発症する流れのどこかに働きか...

2017.06.08

10人にひとりがうつになる?

憂うつな気分が続いていても、なにか「とても良いこと」があれば、うつ気分が晴れるのが普通の心の状態です。 なにもやる気がしないときでも、自分の好きなことだけは取り...

2017.06.01

うつ病のお薬を飲んで、不安が強くなることもある?

うつ病のお薬を飲みはじめたころやお薬を増やした時に、不安が強くなったり、消えてしまいたいと思うなどの、うつ病の症状が一時的に悪くなることがあります。 また、お...

2017.03.27

妊娠期以降もうつ病になる?

生理前になるPMSやPMDDについて書いてきました。それでは、妊娠期・産後・更年期でもうつ病になるのでしょうか?その3種類について、説明してみたいと思います。 ...

2017.03.25

女性ホルモンと精神面の関係とは?

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンがあります。 エストロゲンには海馬におけるアセチルコリン調整作用・抗ドーパミン作用に加えて、セロトニン神経系の働き...

2017.03.24

うつ病と性別に関係がある?

女性のうつ病有病率は男性の約2倍というのが一般的な意見であり、障害罹患率は10~25%と言われています。厚生労働省の患者調査を見ると、うつ病・躁うつ病患者さんは...

2017.02.18

うつ病の時、どんな環境が大切?

うつ病の症状がもっとも重くつらい時期(急性期)は、脳の機能の変化を改善するための、くすりと十分なこころや脳の休息が、治療の基本となります。 しかし、否定的なもの...

2017.02.15

うつ病が回復してきてもお薬は飲んだほうがいい?

「症状もよくなってきたので、仕事や家庭生活に復帰する準備を少しずつはじめましょう」と医師にいわれると、うつ病が治ったと思い、それまで続けていた治療をやめようとす...

CATEGORY

ARCHIVE

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

たくさんの方が、同じ様な症状で来院されています。
ご紹介している症状以外でも、「こんなことで受診していいのかな...」
と迷ったらまずは一度お電話ください。

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

tel:052-441-0800

お電話でのご相談は診療時間内
電話予約は朝7時から22時まで

WEB予約(24時間受付)

診療時間

※担当医師によっては上記診療時間内であってもご予約がお受けできない場合がございます。ご予約時間についてはスタッフにお尋ねくださいませ。
何卒ご理解のほど頂きまして今後ともよろしくお願いいたします。