あま市,清須市,津島市,稲沢市,愛西市,蟹江町から来れるメンタルクリニック・心療内科。うつ、パニック、ADHD、不眠治療なら専門医へ。日曜も診察。

ひだまりこころクリニック

WEB予約はこちらから(24時間受付)

tel:052-441-0800タップで電話をかける

心療内科・老年心療内科・精神科ひだまりこころクリニック
クリニックブログ

クリニックブログ

2016.09.04

【認知症】ごはんを食べたのに、食べてないと言い張られたときの対処法

認知症は短期記憶の低下が認められます

認知症は長期記憶よりも短期記憶の低下が認められるために、数分前から数日以内に起きたことを忘れてしまうことが多いのです。

その結果、物をしまった場所や、食事をした内容や事実、更には相手の顔を忘れてしまう事があるのです。

認知症や介護について解説をしております

【認知症状】食事をしたことを忘れてしまった場合には

認知症の方の中には、食事をしたにも関わらず、「食べてない」と言い張る方がいます。

そんなときは、どのように対応するとよいのでしょうか。

「さっき食べたでしょ」「何度言わせるの」などと言ったところで、ご本人は、食事をしたという体験自体が抜けてしまっているので、なかなか納得いかない事態に陥ってしまうのです。

心療内科・メンタルクリニック・精神科のひだまりこころクリニック

複数回に分けて食事を提供することも手

そんなときは、例えば1回に出す食事を2回にわけることで、対応できたりします。

食事後の団らんや、会話も有効かもしれません

また、「今準備しているから、お茶でも飲んで待っていてくださいね」など、気をそらすような会話をすることで、切り抜けることができたりします。

また、食事の後片付けをしばらくしないで、そのままみんなで団らんすると、食事の記憶がとどまりやすいかもしれません。

指摘や注意が、思わぬ互いのすれ違いを生むことも

怒ったりすると、事態が納得いかないままに、「怒られた」という感情のみ残りますので、気を付けましょう。

心療内科ひだまりこころクリニックならうつ病治療もお任せください

認知症の診断と治療も行うあま市甚目寺の精神科・メンタルクリニック・心療内科のひだまりこころクリニックです

認知症の詳しい説明はこちらから

「栄院」の認知症の詳しい説明はこちらから

「金山院」の認知症の詳しい説明はこちらから

あま市の心療内科ひだまりこころクリニックです名古屋市金山の心療内科ひだまりこころクリニック金山院名古屋市栄の心療内科・精神科・メンタルクリニック

CATEGORY

ARCHIVE

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

たくさんの方が、同じ様な症状で来院されています。
ご紹介している症状以外でも、「こんなことで受診していいのかな...」
と迷ったらまずは一度お電話ください。

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

tel:052-441-0800

お電話でのご相談は診療時間内
電話予約は朝7時から22時まで

WEB予約(24時間受付)

診療時間

※担当医師によっては上記診療時間内であってもご予約がお受けできない場合がございます。ご予約時間についてはスタッフにお尋ねくださいませ。
何卒ご理解のほど頂きまして今後ともよろしくお願いいたします。