ごはんを食べたのに、食べてないと言い張られたときの対処法

ひだまりこころクリニック

WEB予約はこちらから(24時間受付)

tel:052-441-0800タップで電話をかける

心療内科・老年心療内科・精神科ひだまりこころクリニック

ごはんを食べたのに、食べてないと言い張られたときの対処法

クリニックブログ

2016.09.04

ごはんを食べたのに、食べてないと言い張られたときの対処法

認知症の方の中には、食事をしたにも関わらず、「食べてない」と言い張る方がいます。

そんなときは、どのように対応するとよいのでしょうか。

「さっき食べたでしょ」「何度言わせるの」などと言ったところで、ご本人は、食事をしたという体験自体が抜けてしまっているので、そういう事態に陥るのです。

そんなときは、例えば1回に出す食事を2回にわけることで、対応できたりします。

また、「今準備しているから、お茶でも飲んで待っていてくださいね」など、気をそらすような会話をすることで、切り抜けることができたりします。

また、食事の後片付けをしばらくしないで、そのままみんなで団らんすると、食事の記憶がとどまりやすいかもしれません。

怒ったりすると、「怒られた」という感情のみ残りますので、気を付けましょう。

 

あま市甚目寺

ひだまりこころクリニック

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

たくさんの方が、同じ様な症状で来院されています。
ご紹介している症状以外でも、「こんなことで受診していいのかな...」
と迷ったらまずは一度お電話ください。

ひだまりこころクリニックスタッフクリニックでお待ちしています

tel:052-441-0800

お電話でのご相談は診療時間内
電話予約は朝7時から22時まで

WEB予約(24時間受付)

ひだまりこころクリニック診療時間

休診日:祝日 / ◎の診療時間は9:00-16:30