あま市,清須市,津島市,稲沢市,愛西市,蟹江町から来れるメンタルクリニック・心療内科。うつ、パニック、ADHD、不眠治療なら専門医へ。日曜も診察。

ひだまりこころクリニック

WEB予約はこちらから(24時間受付)

tel:052-441-0800タップで電話をかける

心療内科・老年心療内科・精神科ひだまりこころクリニック
クリニックブログ

クリニックブログ

2017.07.07

【メンタルヘルスの視点】ウォーキングをするとどんないいことがある?

歩くことと、気分を安定させる「セロトニン」との関係は

歩くことは子どもから高齢者まで、老若男女問わず、すべての方におすすめのリズム運動と言えます。

セロトニンという脳内物質は、気分の上下に大きくかかわっており、気分を安定化させるホルモンであると言われています。また、ストレスに立ち向かってい行く為にも必要なホルモンで、セロトニンが不足することで、うつ病パニック障害不安障害などとの関連性も指摘をされています。

またそのような病気の診断を受けていなくても、セロトニンの分泌量が減ると、気分も落ち込みやすくなったりします。

そこで、セロトニンを上手に増やすウオーキングを心がけてみませんか?

セロトニンを増やすウォーキングについて解説

セロトニンを増やすための、ウォーキングのコツとは

セロトニンを増やすという視点から見ると、20〜30分程度、集中して歩いてみましょう。

普段よりもやや速めに、1km10分くらいが良いですが、体調に応じてまずはゆっくりからでも構いませんので、取り組んでみませんか?

ウォーキングの時間帯は目が覚めたらできるだけすぐに、というのが理想ですが、まずは朝に取り組むことから始めましょう。

コースも、なるべき気持ちよく歩けるような場所をおすすめします。

森林浴ができるようなところ、広い公園、河原など。そうではなくても、歩きなれている近所の道もおすすめです。

交通量の多い道や、人混みは、なかなかウォーキングに集中できづらいこともあり、おすすめできません。

リラックスしながら、体力アップもし、気分転換にもなります。

ウォーキングをしてセロトニンを増やそう

ただし、夏や暑い時期は、熱中症のおそれもありますので、水分接種はこまめにしましょう。

直射日光があたらないように、帽子等も忘れずに。

理想は、朝の涼しいうちですが、朝にこだわらず、夕方などの気候や時間を選んでも大丈夫です。

ひだまりこころクリニックは、土曜日・日曜日も診療をしている心療内科・精神科・メンタルクリニックです。お仕事や学校などのご都合に応じてご相談して頂きやすいクリニックですので、お悩みの方はお気軽にご相談くださいませ。

ひだまりこころクリニック

心療内科ひだまりこころクリニックならうつ病治療もお任せください

あま市の心療内科ひだまりこころクリニックです名古屋市金山の心療内科ひだまりこころクリニック金山院名古屋市栄の心療内科・精神科・メンタルクリニック

CATEGORY

ARCHIVE

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

たくさんの方が、同じ様な症状で来院されています。
ご紹介している症状以外でも、「こんなことで受診していいのかな...」
と迷ったらまずは一度お電話ください。

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

tel:052-441-0800

お電話でのご相談は診療時間内
電話予約は朝7時から22時まで

WEB予約(24時間受付)

診療時間

※担当医師によっては上記診療時間内であってもご予約がお受けできない場合がございます。ご予約時間についてはスタッフにお尋ねくださいませ。
何卒ご理解のほど頂きまして今後ともよろしくお願いいたします。