パニック発作の症状

ひだまりこころクリニック

WEB予約はこちらから(24時間受付)

tel:052-441-0800タップで電話をかける

心療内科・老年心療内科・精神科ひだまりこころクリニック

パニック発作の症状

クリニックブログ

2016.10.19

パニック発作の症状

パニック発作が起こった時に、患者さまが訴える症状は様々です。

一部ですが例を挙げてみましょう。

 

動悸、息苦しさ、めまい、窒息感、発汗、死の恐怖、吐き気、しびれ、身震い、顔の紅潮、胸の痛み、口の渇き、脱力感…などなど

 

これらの症状が複数、同時に現れます。

 

めまいや疲労感などの症状は、パニック発作とは結び付きにくく、原因が実はパニック障害だったと驚く人も多いようです。

 

さらに、「離人感」、「現実感消失」と呼ばれる感覚を持つ方もいらっしゃるようです。これは自分の行動や思考を感じる力が弱まった状態の時に起こる感覚です。

味覚や触覚などの五感が鈍くなったり、周囲のから取り残されたような感覚になったりします。

 

この感覚は、発作時に起こることもありますが、持続的に現れる場合もあります。

 

引用文献:パニック症(パニック障害)の人の気持ちを考える本

 

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

たくさんの方が、同じ様な症状で来院されています。
ご紹介している症状以外でも、「こんなことで受診していいのかな...」
と迷ったらまずは一度お電話ください。

ひだまりこころクリニックスタッフクリニックでお待ちしています

tel:052-441-0800

お電話でのご相談は診療時間内
電話予約は朝7時から22時まで

WEB予約(24時間受付)

ひだまりこころクリニック診療時間

休診日:祝日 / ◎の診療時間は9:00-16:30