あま市,清須市,津島市,稲沢市,愛西市,蟹江町から来れるメンタルクリニック・心療内科。うつ、パニック、ADHD、不眠治療なら専門医へ。日曜も診察。

ひだまりこころクリニック

WEB予約はこちらから(24時間受付)

tel:052-441-0800タップで電話をかける

心療内科・老年心療内科・精神科ひだまりこころクリニック
クリニックブログ

クリニックブログ

2017.08.11

【アクチベーション・シンドローム】薬の飲みはじめに気をつけることとは?

【アクチベーション・シンドローム】薬の飲み始めの変化に注意しましょう

抗うつ薬の飲み始めに、まれに患者さんが普段以上に元気になり、夜眠らなくても調子が良く、いつもと違った様子が認められることがあります。また、不安・焦燥が悪化するなどの症状も見られ、これらの症状はアクチベーション・シンドローム「賦活症候群」と呼ばれます。

このような症状は抗うつ薬の副作用としても決して稀な症状ではないのですが、そのような賦活症候群を起こしてしまう一部の患者様に、「うつ病」ではなく、「双極性障害」抑うつ症状からの「躁転」患者様が含まれている可能性もあるという事も注目すべきです。

症状に変化あった場合には、早めに医療機関へ相談することが重要です

双極性障害・躁うつ病でお悩みの方は心療内科ひだまりこころクリニックへ

躁うつ病の「抑うつ症状からの躁転症状」を含んでいることも

特に、薬の飲み始めにこれまで温厚だった患者さんが、攻撃的になったりして「性格が変わったのか?」と思わされることがあります。この理由として、もともと患者さんが単なるうつ病ではなく、躁状態とうつ状態を繰り返す双極性障害(以下、躁うつ病)という病気だった可能性があります。

「躁うつ病」も「うつ病」も、初発は『うつ症状』をきっかけに受診する

うつ病だと最初に診断された患者さんの約10%は最終的に躁うつ病だということが判明したという報告があります。また、躁うつ病のうち約40%は単なるうつ病と診断されていたことも報告されています。

この理由は、躁うつ病は、初回症状がうつ病状であることも多く、クリニック受診時にはうつ症状やうつ病エピソードしか認められないこともあります。治療や通院を経て、その後の経過や症状を診ていく事で「躁状態」「躁症状」が見つかり双極性障害・躁うつ病といった病気への診断へと変更されることも多いのです。

双極性障害・躁うつ病の治療なら心療内科のひだまりこころクリニックへ

「躁状態」が本人にとっては「調子がいい状態」と感じることも多い

このように躁うつ病は見過ごされがちで、専門医でも初回診断が難しいことがあります。躁うつ病が見過ごされている一番の理由としては、患者さん本人は「躁状態」のことを、「調子のちょうど良い状態」と思っている場合が多いことが挙げられます。また、本人としては、「抑うつ状態」が苦痛であるために、本人としても「抑うつ病状」をどうにかしたいと思って受診されることが多いのです。

躁うつ病の判断には、通院経過によって得られる医学的な判断も重要

つまり、躁うつ病をきちんと診断するには、患者さんだけでの情報では不十分で、ご家族からの客観的な情報も重要になりますし、また通院・医師診察を継続することによってその患者様に対する医学的な判断がより精度を増すことで「躁うつ病・双極性障害」診断に至ることも多いのです。

躁状態とうつ状態を繰り返す躁うつ病は、単なるうつ病と治療方法が異なりますので、「少し様子がおかしいな・・」と思ったら、気のせいだろうと考えずに医師に相談してください。

心療内科ひだまりこころクリニックならうつ病治療もお任せください

双極性障害・躁うつ病に関する詳しい説明はこちらから

「栄院」の双極性障害・躁うつ病に関する詳しい説明はこちらから

「金山院」の双極性障害・躁うつ病に関する詳しい説明はこちらから

あま市の心療内科ひだまりこころクリニックです名古屋市金山の心療内科ひだまりこころクリニック金山院名古屋市栄の心療内科・精神科・メンタルクリニック

CATEGORY

ARCHIVE

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

たくさんの方が、同じ様な症状で来院されています。
ご紹介している症状以外でも、「こんなことで受診していいのかな...」
と迷ったらまずは一度お電話ください。

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

tel:052-441-0800

お電話でのご相談は診療時間内
電話予約は朝7時から22時まで

WEB予約(24時間受付)

診療時間

※担当医師によっては上記診療時間内であってもご予約がお受けできない場合がございます。ご予約時間についてはスタッフにお尋ねくださいませ。
何卒ご理解のほど頂きまして今後ともよろしくお願いいたします。